残留かレンタルかそれとも…“ビッグ6”のレンタル組、来季処遇を英紙が予想

写真拡大

 今夏の移籍市場が開幕して以降、すでに様々な移籍が成立してきた。完全移籍で入団、退団する選手が多い中、ローンから戻ってくる選手の処遇も気になるところ。そこでイギリスメディア『スカイスポーツ』は、プレミアリーグに所属するレンタル移籍した選手が、来シーズンどのような処遇を受けるのかを予測した。

 同メディアは来シーズンプレミアリーグでリーグ戦を争う20クラブを紹介しているが、今回は“ビッグ6”へ焦点を当てた。

▼アーセナル

 レンタル先でもっとも結果を出したのがポーランド代表GKヴォイチェフ・シュチェスニー。ローマに在籍した2年間で公式戦81試合に出場、セリエAでも屈指のGKとして評価を確立している。アーセナルでは元チェコ代表GKペトル・ツェフの後釜として活躍が見込めるが、ユヴェントスが獲得に乗り出しているため来シーズンもイタリアでプレーすると見られている。

 イングランド代表MFジャック・ウィルシャーはレンタル先のボーンマスで負傷したものの、公式戦29試合に出場し2アシストを記録した。「僕はプレーする必要がある、ボーンマスは僕にそのチャンスを与えてくれたんだ」と語っていた同選手は再び修行に出向く。またスポルティングで19試合3ゴールをマークしたコスタリカ代表FWジョエル・キャンベルもレンタルで出されるとされ、アストン・ヴィラが移籍先の候補として挙がった。

 一方、残留する可能性があるのがイングランド代表DFカラム・チェンバース。ミドルスブラで昨シーズンを過ごし、U−21欧州選手権ではイングランド代表をベスト4まで導く原動力となった。本人は「昨シーズンは自分にとってとても重要なシーズンになった。センターバック(CB)としてプレーした経験は貴重なもので、僕を違うレベルへ押し上げてくれると思う」と語っており、来シーズンはアーセナルでのプレーになると予想。

▼チェルシー

 数多くの選手をローン移籍に出し、その政策が度々批判を受けているチェルシー。来シーズンにトップチームとして定着できる可能性があるのはデンマーク代表DFアンドレアス・クリステンセンのみ。同選手はボルシアMGで過ごした2シーズン、公式戦82試合に出場、7ゴール1アシストをマークした。この活躍により、アントニオ・コンテ監督は来シーズンにクリステンセンを手元に置きたいと考えている。

 しかし、シャルケにレンタル中のガーナ代表DFアブドゥル・ラーマン・ババやクリスタル・パレスにレンタル中のフランス代表FWロイク・レミーを筆頭に、数多くのローン選手は再びレンタルに出されるか、完全移籍で他のクラブへ売却されるとした同メディア。すでにオランダ代表DFネイサン・アケ、U−21イングランド代表FWドミニク・ソランケ、コロンビア代表MFファン・クアドラードは、ボーンマスとリヴァプール、ユヴェントスへそれぞれ完全移籍が決まっている。

▼リヴァプール

 ハダースフィールドへ貸し出していたウェールズ代表GKダニー・ウォードの去就は不明。ハダースフィールドの監督を務めるデイヴィッド・ワグナー監督は「(ユルゲン・)クロップ監督へたくさん電話するだろう」とコメント。レンタル先で公式戦46試合に出場したウォードを、ワグナー監督は来シーズンも手元に残しておきたいようだ。

 フランス代表DFママドゥ・サコーやイングランド代表DFジョン・フラナガンもレンタル先のクリスタル・パレスとバーンリーで一定のインパクトを残し、来シーズンのクロップ監督のプランに含まれているという。しかし、ハルでプレーしていたセルヴィア代表ラザル・マルコヴィッチに関しては、エジプト代表MFモハメド・サラーを獲得したことにより再びレンタルで出されると予想した。