フィオレンティーナに所属するフェデリコ・ベルナルデスキ【写真:Getty Images】

写真拡大

 フィオレンティーナ(愛称:ビオラ)に所属する23歳のイタリア代表MFフェデリコ・ベルナルデスキが、ユベントス移籍で個人合意したようだ。4日に伊メディア『フットボールイタリア』が報じている。

 先日、主力として活躍するフィオレンティーナの3人(ベルナルデスキ、ボルハ・バレロ、ニコラ・カリニッチ)が移籍を希望していると同クラブのディレクターを務めるパンタレオ・コルヴィーノ氏が明かしていた。この中でも特にベルナルデスキの去就に注目が集まっている。

 同メディアによると、年俸400万ユーロ(約5億1000万円)にボーナスを加えた5年契約でベルナルデスキがユベントスと個人合意に至ったとのこと。同選手はフィオレンティーナから打診された契約延長のオファーも拒否しており、残すはクラブ間合意のみと見られている。ただ、ここには大きな障害が立ちはだかる。

 過去にロベルト・バッジョがフィオレンティーナからユベントスへ移籍する際にファンともめるなど大騒動となった。そのため、“禁断の移籍”と言われている。ベルナルデスキの移籍が実現した場合、再びファンからの反感を買うかもしれない。

text by 編集部