YAS-107

写真拡大

 ヤマハは、サラウンドシステム「YASシリーズ」の新製品として、最新のバーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」に世界で初めて対応し、4K・HDR映像伝送も可能なフロントサラウンドシステム「YAS-107」「YAS-207」を7月下旬に発売する。カラーはともにブラック。価格はどちらもオープン。

 世界で初めて最新のバーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」に対応し、前方・左右・後方・高さ方向の音場をバーチャルで再現する3Dサラウンドを実現する。従来は、テレビ画面より下のサウンドバーの位置から聞こえていたセリフが、テレビ画面の位置から聞こえるようになり、セリフとの一体感が向上するだけではなく、上方から包み込まれるような音の広がりが感じられるようになり、映像・音楽への没入感が高まる。

 「アップミックス機能」によってステレオ音声入力時でもバーチャル3Dサラウンドが楽しめるほか、不足しがちな低音を増強する「バスエクステンション」機能、人の声と背景音を判別して、テレビ番組のセリフやナレーションを聞き取りやすくする「クリアボイス」機能、圧縮音源を高音質に変換する「ミュージック・エンハンサー」機能なども備える。

 本体ボタンにはタッチセンサを採用し、軽く触れるだけで電源オン/オフや音量調整などの操作が可能。また、Bluetoothと高音質音声コーデックのAACに対応しており、スマートフォンなどからワイヤレスで音楽を再生したり、専用アプリ「HOME THEATER CONTROLLER」を使ってより快適に操作したりできる。

 「YAS-107」は、スタンドが低い薄型テレビの前に置いても前面を遮ることのない、スリムなワンバーボディ。本体左右に、真円形で5.5cmフルレンジのメイン(フロント)L/Rスピーカー、7.5cm口径の内蔵サブウーファー、2.5cmツイーターを搭載し、実用最大出力計120Wのハイパワーアンプとあわでてクリアで迫力あるサウンドを楽しめる。税別の実勢価格は2万6000円前後の見込み。

 「YAS-207」は、テレビの前に手軽に置けるスリムなバータイプのセンターユニットと、縦置きで好きな場所に設置可能な細身のワイヤレスサブウーファーで構成。センターユニット左右には、4.6cm口径の内蔵ウーファー2基と2.5cmツイーターを備えており、ワイヤレスサブウーファーには口径16cmスピーカーを搭載する。また、実用最大出力計200Wのハイパワーアンプによって、豊かで広がりのある低音と、クリアな中高音によるサラウンドを実現した。税別の実勢価格は4万円前後の見込み。