やたら神々しい…(画像はベッカムInstagramのスクリーンショット)

写真拡大

 元サッカー選手のデヴィッド・ベッカムが、先月SNSにアップした5歳の娘ハーパーちゃんと唇でキスする写真に一部から批判があがっていた件について、「子供たちへの愛情表現」と Facebook Live で語った。

 先月、娘のハーパーちゃんと正面から向かい合いキスする写真をアップしていたベッカム。同Liveで、子育てについて聞かれると「先日、娘の唇にキスしたら批判を受けたよ。自分の子供みんなに唇でキスするよ。でも、ブルックリンは違うかな。もう18歳だし、たぶん変だなって感じると思う」と話し出す。

 「僕は子供に対する愛情が深いんだ。そうやって僕も、ヴィクトリアも育ったし。僕たちも自分たちの子供を愛情深く育てている。子供たちに愛情表現をしたいし、彼らのことを守って、世話を焼いて、サポートして、僕たちなりに子供たちに愛情を注いできた」と説明していた。昨年には、妻のヴィクトリアもハーパーちゃんの唇にキスする写真を公開して、批判を受けていた。一方で、彼らの子育てに賛同するファンも多くいる。(編集部・石神恵美子)