リヨンに所属するアレクサンドル・ラカゼット【写真:Getty Images】

写真拡大

 リヨンに所属する26歳のフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットのアーセナル移籍が決定的となった。4日に英紙『スカイスポーツ』が報じている。

 同紙によると、クラブ間合意に達したとされるラカゼットは火曜日にアーセナルでメディカルチェックを受けて合格したとのこと。今日中にもアーセナル移籍の正式発表があるかもしれない。移籍金はアーセナルにとってクラブ史上最高額となる5200万ポンド(約76億円)になる見通しだ。

 数日前まではラカゼットの獲得で苦戦していた。リヨンのジャン=ミシェル・オラス会長が「後釜とサインしない限り、ラカゼットを残留させるつもりでいる」と発言し、同選手を売却しない構えを見せていたためだ。

 しかし、リヨンは2日にレアル・マドリーからFWマリアーノ・ディアスを獲得。これによりラカゼットの移籍交渉が進展したと考えられている。同選手は今季公式戦45試合に出場し37得点5アシストを記録していた。

text by 編集部