杉田祐一【写真:Getty Images】

写真拡大

ウィンブルドン男子シングルス1回戦、クライン相手にストレート勝ち

 テニス男子シングルス世界ランク44位の杉田祐一(三菱電機)はウィンブルドン1回戦で同151位のブライダン・クライン(英国)と対戦し、7-6、6-3、6-0のストレート勝ちで、四大大会初勝利を飾った。ATPワールドツアー公式サイトは「杉田がフェデラーから祝福される」と、試合後に芝の帝王ロジャー・フェデラー(スイス)から祝福を受けたエピソードを紹介している。

 アンタルヤ・オープン優勝で勢いに乗る杉田は、クライン相手に安定した戦いぶりを披露。第1セットをタイブレークの末に7-6で取ると、その後の第2、第3セットも6-3、6-0とブレークを許すことなく勝利を掴んだ。記事によれば、本人も試合後の会見で「第2セット、第3セットと本当に上手くプレーできました。彼は第1セットで多くのドロップショットを使ってきて、最初は本当に難しい戦いでした。でも、それ以降は試合を支配することができました」とゲーム内でプレーレベルを上げられたことに手ごたえを感じていたという。

 ATPツアーで初優勝を飾り、3日に発表された世界ランキングも44位に急上昇。充実の時を迎えている杉田については、テニス界のレジェンドも目をかけているようだ。

 ATP公式サイトでは「会見が行われる直前には、会場の廊下でロジャー・フェデラーがここ最近のスギタの躍進ぶりを祝福するために足を止めた」と、フェデラーが杉田に対して直接声をかけたことを報じている。杉田は6月にドイツで行われたゲリー・ウェバー・オープンで優勝したフェデラーに1回戦でストレート負け。しかし、尊敬する選手と公言しているフェデラーとの初対戦でインスピレーションを得ると、アンタルヤ・オープンで日本人史上3度目となるATPワールドツアー優勝という快挙を成し遂げた。

「トーナメントで勝てると知った」…2回戦はマナリノと再戦へ

 憧れの存在にも存在を認められるようになった杉田だが、四大大会初勝利だけで満足しているわけではない。記事では、今後自身の成長の鍵となるポイントについて語っている。

「上手くいくこともあったけど、そうでもない時もあったし、テニスはトーナメントで戦うものです。だから、勝利を積み重ねていかないといけない。自分がトーナメントを勝てることを知ったし、5セットマッチに集中することができる。それは自分がテニスに臨むにあたるメンタルでの重要な成長だと思っています」

 続く2回戦では、アンタルヤ・オープン決勝で対戦した世界ランキング51位のエイドリアン・マナリノ(フランス)と再び相見える。充実の杉田は、ウィンブルドンの地でさらなる高みを目指す