ICBM「火星14」型の試射を現地指導した金正恩氏(2017年7月5日付労働新聞より)

写真拡大

北朝鮮の金正恩党委員長は4日、大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星14」型の試射を現地指導した。朝鮮中央通信が5日、伝えた。

米国への「贈物包み」

同通信によると、金正恩氏はミサイルの組立作業現場を訪ね続けて、発射準備過程を細心に指導したという。

金正恩氏は「火星14」型を眺めながら、「米帝との長きにわたる対決がとうとう最後の界線に入った、われわれの警告を無視してわれわれの意志を試している米国にはっきりと見せてやる時が来た」と強調したという。

同通信は、今回の試射について「新しく開発した大型重量核弾頭装着が可能な大陸間弾道ロケットの戦術技術的諸元と技術的特性を実証」や「再突入戦闘部の全ての技術的特性を最終的に実証することに目的を置いて行った」としながら、核弾頭搭載や大気圏再突入の検証を視野に入れた実験だと述べた。

同通信によると、金正恩氏の命令に従って「火星14」型は発射され、「最大の過酷な再突入環境条件で末期誘導特性と構造安定性を実証した」という。

金正恩氏は、「今日、われわれの戦略的選択を見つめていた米国が非常に不快であっただろう、『独立節』にわれわれから受ける『贈物包み』があまり気に入らないものと思えるが、これからも退屈しないように大小の『贈物包み』をしばしば送ってやろう」と豪快に笑いながら述べたという。

金正恩氏は、「火星14」型について米国の心臓部を打撃することができるとしながら、「『火星14』型の大成功は反帝・反米対決戦においてわが人民が収めたもう一つの輝かしい勝利になる」と強調した。

つづけて、「わが祖国の総合的国力と戦略的地位は新しい高さに上がった」「敵対勢力のしつこい圧迫と制裁の中でも強力かつ威力ある核戦争抑止力をしっかり打ち固めておいたことについて当然な自負を持つべきだ」と述べたという。

そのうえで、「米国の対朝鮮敵視政策と核威嚇が根源的に一掃されない限り、われわれはいかなる場合にも核と弾道ロケットを協商のテーブルに置かないし、われわれが選択した核戦力強化の道からたった一寸も退かない」と強調した。

金正恩氏は、「火星14」型の試射に関わった国防科学院の科学者、技術者、幹部らと記念写真を撮った。

現地指導には、李炳哲(リ・ビョンチョル)、金絡謙(キム・ラクキョム)、金正植(キム・ジョンシク)、チョン・スンイル、張昌河(チャン・チャンハ)、全日好(チョン・イルホ)、劉進(リュ・ジン)、趙甬元(チョ・ヨンウォン)の各氏が同行した。