【ソウル聯合ニュース】韓国国防部は5日の国会国防委員会で、北朝鮮が前日発射した「火星14」について「高度と飛行距離、速度、飛行時間、段の分離などを踏まえると、大陸間弾道ミサイル(ICBM)級の射程を持つ新型ミサイルとみられる」と報告した。今のところ、5月14日に発射した中長距離弾道ミサイル「火星12」(米軍の呼び名はKN17)を2段式に改良したものと評価しているという。

 北朝鮮は4日の「特別重大報道」で、ICBMである火星14の発射実験に成功したと発表した。国防部は火星14をICBM級と判断する根拠として、射程が5500キロ以上になること、上昇段階で最高速度がマッハ21以上になったことを挙げた。
 国防部はただ、固定式発射台から発射したことや、難易度の高い大気圏再突入の有無を確認していないことから、「ICBMの開発に成功したとは断定できない」とした。火星14を地上の固定装置から発射したことについては「固定式発射台は研究・開発段階のミサイルの臨時発射方式であり、移動式発射台の損傷を防ぐために使われた」と説明した。
 国防部は、北朝鮮が「ICBM挑発」に踏み切った背景には、先の韓米首脳会談への反発や、米国などとの対話に備え主導権を確保する狙いがあると分析した。
 この先予想される北朝鮮の動きについては「爆発力の増した核実験を行い、核弾頭と核攻撃の能力を示す可能性がある」とした。
tnak51@yna.co.kr