(写真提供=FA photos)シン・テヨン監督

写真拡大

ウリ・シュティーリケ監督の更迭によって空席になっていたサッカー韓国代表の新監督が決まった。

新監督に任命されたのは、シン・テヨン氏。

先ほど韓国サッカー協会(KFA)が技術委員会を開き、筆者のもとにも協会からの速報リリースが届いて確認した。

手倉森ジャパンと激闘も経験

シン・テヨン氏は日本でもその名が知られている人物だろう。

現役時代は城南一和などでプレー。Jリーグでのプレー経験はないが、監督としては城南一和で2010年ACLを制覇している。

2016年1月にはU-22韓国代表監督としてU-23アジア選手権・決勝で手倉森ジャパンと対戦し、2-3の逆転負けを喫した。

その悔しさを隠し切れず、韓国メディアとのインタビューで「時間が過ぎてもあの敗北は忘れられない。あんな衝撃的な敗北は監督になって初めて」とも語っていたほどだ。

当時、「五輪で準決勝まで勝ち上がれば日本と対戦できるが?」という問いに対しても、「そうなったら日本を放っておかない。まだ頭に来る。サッカーファンに申し訳ない気持ちも依然として持っている。必ずそれを晴らす機会を掴みたい」と意欲を燃やしていた人物として知られる。

新たな技術委員会。浮かび上がった複数の候補

そんなシン・テヨン氏がなぜ、新たな韓国代表監督に選ばれたのか。

まず、韓国の代表監督選出方法を説明する必要があるだろう。

韓国の代表監督選びは、技術委員会で決まる。シュティーリケ前監督も技術委員会によって選ばれて招聘された。

ただ、そのシュティーリケ前監督を招聘し、技術委員会の長だったイ・ヨンス氏も責任をとって辞任。代わって2004年アテネ五輪・韓国代表監督で2012年には蔚山現代を率いてACL王者にも輝いたキム・ホゴン氏が、新技術委員長に就任した。

今年で66歳になるキム・ホゴン氏は、FCソウルのファン・ソンホン監督、水原三星のソ・ジョンウォン監督、城南FCのパク・キョンフン監督などKリーグの現役監督3人や、1998年と2002年ワールドカップを経験した元韓国代表GKのキム・ビョンジ氏らを新たに技術委員会メンバーに加えた。

これにもともと技術委員だった亜洲大学のハ・ソッチュ監督などを加えた8人が、本日、初めての技術委員会を開いて決めたのが、シン・テヨン氏となる。

1998年フランスW杯や2002年日韓W杯で活躍したかつての“四強戦士”たちが代表監督人事を預かることになったわけで、オールドファンからすると時の流れを感じずにはいられないところでもあるが、シュティーリケ前監督が更迭されて以降、複数の候補が浮かび上がっていた。

2010年W杯で韓国代表を16強に導いたホ・ジョンム氏、そのホ・ジョンム氏の右腕を長く務め、今年6月から急きょ首席コーチとして代表に加わっていたチョン・ヘソン氏などだ。

2014年ブラジルW杯後に韓国代表監督を辞任し、5月に中国2部リーグの杭州緑城の監督職から解かれたホン・ミョンボ監督や、6月に中国スーパーリーグの江蘇蘇寧を解任されたチェ・ヨンス監督も候補として噂された。

「韓国人であり、危機管理能力に優れ、選手たちを統率でき、何よりも熾烈な最終予選を経験した指揮官が必要ではないか」とイ・ヨンス前技術委員長が語ったことで、ホ・ジョンム監督が最有力とされたが、2012年4月に仁川ユナイテッド監督を辞任して以降、5年以上も現場を離れていたホ・ジョンム監督の“現場感覚”に疑問視を上げる声が多かった。

そうした世論の反発もあって、今回はホ・ジョンム監督・再登板のカードは回避されたのだろう。

近年は火消し役として頻繁に登用されてきた

それに、そもそもシン・テヨン氏は3月にシュティーリケ前監督の更迭論が持ち上がったときから最有力候補に挙がっていた。

シュティーリケ体制発足直後は代表コーチを務め、選手たちのことやチームの状況についてはよく知っている。現場を知り、チームの内情も知る適任者とされてきたのだ。

ただ、最近は“火消し役”としての役割を求められることが多い。

前出のU-22韓国代表監督に就任したのも、前任者で2014年仁川アジア大会・金メダルの故イ・グァンジョン監督が白血病に倒れたための登板だった。

リオデジャネイロ五輪ではグループリーグ突破するも8強止まりで終わり、昨年11月からは急きょ、U-20韓国代表監督に就任。自国開催となったU-20W杯はわずか6カ月しかない準備期間でもチームを立て直してグループリーグ突破を果たすが、決勝トーナメント1回戦のポルトガル戦では1-3で敗れている。

シン・テヨン監督は、主に4-1-4-1、4-2-3-1、4-4-2などを使い分けながら攻撃サッカーを標榜する指揮官だが、ポルトガル戦ではイ・スンウ、ペク・スンホら“バルサ・デュオ”を本来のポジションとは異なるウインガーとして配置する4-4-2を採用したことが采配ミスとも指摘された。

ピンチヒッターとしては最高の人材だが、過度な期待を掛けすぎてもいけない。

まして韓国代表は今、さまざまな問題を抱えている。

期待外れとの揶揄が収まらない欧州組のデキ、不安定な守備ライン、選手間の不協和音など、シュティーリケ前監督でも解決できなかった課題を新監督は解決できるか、どうか。

新監督の前途は多難だ。

現在、韓国代表はロシアW杯アジア最終予選で苦戦中。勝ち点13でグループ2位の座にあるが、3位ウズベキスタンとの勝ち点差はわずか「1」と拮抗している。

8月31日にはすでにグループ1位を確定させたイランをホームに迎えるが、イランとは2012年10月以降、4連敗中と分が悪い(通算成績も9勝13敗7分)。しかも、9月には敵地でのウズキベスタン戦が待っている。

最終節までまったく気を緩めることができない状況なのだ。
(関連記事:W杯予選脱落に現実味が…サッカー韓国代表に今、何が起きているのか

“首の皮一枚でつながっている状況”と言っても過言ではない。そんな窮地に立たされたなかで、はたして新監督は韓国代表をロシアに導けるだろうか。

(文=慎 武宏)