三浦誠己、村上虹郎、大橋トリオら出演『Amy said』予告編 5つのキービジュアルも

写真拡大

 三浦誠己、渋川清彦、村上虹郎らが所属する俳優のマネージメント会社ディケイドの設立25周年記念映画『Amy said』より、5種類のキービジュアルと予告編が公開された。

(参考: 『Amy said』予告編

 本作は、かつて映画に情熱を注いでいた頃の純粋な気持ちを忘れかけ、日々それぞれの人生に追われ疲れた40代の男女8人が、20年前の“ある日”を懐古する一夜を描いた大人の青春群像劇。主演の三浦誠己をはじめ、渋川清彦、村上虹郎、渡辺真起子、中村優子、山本浩司、大⻄信満、村上淳らが出演する。『MASK DE 41』の村本大志監督がメガホンを取った。

 このたび公開された予告編では、「みんな映画が好きだった」というキャッチコピーで始まり、20年ぶりの同窓会で、避けてきた記憶をそれぞれが打ち明ける一夜の出来事を、大橋トリオが歌うテーマ曲「AMYSAID」の旋律で感傷的に演出された映像が映し出されている。

 併せて公開されたキービジュアルは、三浦誠己、村上虹郎、大橋トリオ、渡辺真起、村上淳がメインの5つの異なるビジュアル。キャッチコピーの「みんな○○が好きだった」シリーズとして、それぞれの役柄が好きだったものへのメッセージが込められている。

 また、本作の舞台である映画研究会にちなみ、学生は特別価格の1,000円(税込)で鑑賞できることも発表された。

(リアルサウンド編集部)