とにかく湿度が高い日本の夏!
ジメジメした空気に包まれて、メーク崩れや汗、ニオイとの戦いが秋まで続くと思うとウンザリしちゃいますよね〜。

LINEブロガーのみなさんが実践している「湿気対策」は、今すぐ使えるものばかり!
ぜひ試してみてくださいね。



まずは敵を知ること!
というわけで美容師の珠実さんが教えてくれる「汗のメカニズム」。

代謝の面から考えると汗をかく事はとても大事なのですが、汗に含まれる塩分やアンモニアが、肌に刺激を与えてしまうのが問題なのだそう。



珠実さんが指摘する化粧くずれの原因は皮脂。
ティッシュペーパーでマメに脂を抑えるのがポイントだそうですよ。
ベースメイクの段階から
乳液→ティッシュオフ
下地→ティッシュオフ、
と、できるだけ
過剰な油分は押さえましょう



サロンモデル・ちゃんぴーさんの、崩れたメイクを元に戻すテクは、 ウォータースプレーを顔全体にかけて軽くティッシュオフした後、ブラシでファンデーションを足していくというもの。
簡単だし、なにより気分がスッキリするし、これはいいですね。



ヘアメークアーティスト篠原奈緒子さんは、湿気で落ちてしまったまつ毛のカールを復活させるホットビューラーを紹介してくれています。
マスカラオフしなくても直せるのがうれしいかも。

それにしても困るのが汗!
ニオイの元になるし、なんといっても不快です〜。



のんさんのオススメはデオボール。
固形の制汗剤で、脇の下でころころと転がすだけなので、扱いも簡単そうです!
汗をかくとほんのり香るのもステキ。



夏には汗を「滝のようにかく」伊集院光さんは、自転車や街歩きが趣味というアクティブ人間なので、汗対策は万全!
ドライシャツや吸水速乾タオルといった具体的なグッズを紹介してくれているので、ぜひ参考にしてくださいね!

暮らしのジメジメ対策もおまかせ!



アパレル業界で働いているヤマダヤジミチエさんのブログには、夏の洗濯方法についての詳しいエントリーが。
濃色の服は夏の強い日光に当てると色あせしてしまうため、夜干し&裏返し干しを推奨しています。
型崩れしないように、ハンガーを使わない干し方も参考になりそう。



モデルの笹口直子さんはクローゼットにサシェを入れているんだとか。
ポプリの優しい香りがほんのり服に移って、蒸し暑い時も爽やかな気分でいられそうですね。



アロマセラピスト村上由紀子さんはシューキーパーを手作り!
好きな香りのアロマオイルを選べば、気持ちもアガりそうですね〜。
不織布のお茶パックや出汁パックに、
重曹を3〜4杯入れます。
(靴の大きさに合わせて調整してね)
重曹に精油を5〜6滴垂らして馴染ませます。
布で簡単な袋を作ってカバーにしたり、
使わなくなったハンカチや端切れで包んでリボンで結べば出来上がりです。
オカヂマカオリ ライター東京都在住。別名義でイラストレーターやグッズデザイン、イベントもやるマスコミ何でも屋。映画館、銭湯、純喫茶、ホームセンターあたりに出没。

【編集部おすすめ記事】