EntamePlex

写真拡大

今年デビュー32年目を迎える渡辺美里の約3年ぶりとなるニューシングル「ボクはここに」のミュージックビデオが公開された。

本日7月5日にリリースされた新曲「ボクはここに」は、作詞・作曲を真心ブラザーズの桜井秀俊が担当。ヒット曲「夏が来た!」の主人公たちのその後を彷彿とさせる、切なくも胸躍る“大人の夏うた”に仕上がっている。

歌詞の主人公が大人の男性ということで、楽曲の世界観に合う登場人物を考えた結果、渡辺と地元が同じで、俳優の東幹久が中学時代から交流があるということ、さらに東が初出演した映画『SO WHAT』の主題歌が「My Revolution」だったいう縁もあり、MVへの出演をオファーしたところ快諾。今回のコラボレーションが実現した。



東は、「僕がデビューした映画『SO WHAT』に『My Revolution』が主題歌で使われていて、あれから30年が経ち、今回こういう形でお話を頂き、一緒にお仕事ができるということで正直驚きまして、そしてすごく楽しみにしていました。テーマが“少し疲れた男性”ということで、スタッフのおかげで集中して撮影することができたと思います。『ボクはここに』を聴いて、美里さんの歌うメロディと歌詞がダイレクトに響きました。聴く年代によっていろんな解釈ができる楽曲だと思います。歌詞の中に“ソーダ水”とか“レフトフライ”という言葉が出てきて、とても夏を感じる曲だと感じました。僕は夏男なので、この曲を聴きながら昼間からビールを飲みたくなりました(笑)。美里さん、こんどぜひ一緒にお食事に行きましょう! もちろん僕がご馳走させて頂きます」とコメントを寄せている。