【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央通信は5日、大陸間弾道ミサイル(ICBM)と発表した前日の「火星14」の発射実験について、ミサイル弾頭部の大気圏再突入や段の分離技術をテストしたと報じた。立ち会った金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は、飛行を見守った上で「完全な大成功だ」と宣言したという。
 同通信は「今回の実験では新たに開発した大型重量の核弾頭の搭載が可能な大陸間弾道ロケットの戦術・技術的諸元と技術的特性を確認した」とし、特に大気圏へ再突入する弾頭部の「あらゆる技術的特性を最終確認することが目的だった」と伝えた。
 新開発した炭素複合材で作った弾頭の内部温度は大気圏への再突入時にも25〜45度で安定的に保たれ、「核弾頭の爆発操縦装置が正常に作動した」とし、弾頭は「いかなる構造的な破壊もなく飛行し目標水域を正確に打撃した」と主張した。また、「新たに設計した段分離システムの動作の正確性と信頼性を検証した」とも伝えた。
 金委員長は「われわれの戦略的選択を目の当たりにした米国の奴らはとても不愉快だろう。独立記念日のわれわれからの贈り物が気にくわないだろうが、これからも大小の贈り物を頻繁に送ってやろう」と述べた。また、「米国の朝鮮に対する敵視政策と核脅威が根源的に清算されない限り、いかなる場合も核と弾道ロケットを交渉テーブルに乗せず、われわれが選択した核武力強化の道から一歩も後退しない」と強調した。
tnak51@yna.co.kr