画像

写真拡大 (全2枚)

 ロックオンは「アドエビス」によって計測されたユーザーログデータを外部システムと連携させる「AD EBiSシングルソースAPI」をリリースした。アドエビスが蓄積した属性未取得ユーザーの行動データをDSPやMAで活用することが可能になる。

 ロックオンは、マーケティングプラットフォーム「アドエビス」によって計測されたユーザーログデータを外部システムと連携することが可能な「AD EBiSシングルソースAPI」をリリースした。

 「AD EBiSシングルソースAPI」を使うことにより、アドエビスで計測した属性未取得のユーザー、いわゆるUnknownユーザーのデータを、DSPのような広告配信システムや自社の顧客情報を管理するCRMシステムとシームレスに連携できる。

 たとえば、Unknownユーザーによる「広告表示」のデータを使った広告配信・メールマガジンが実施できるようになる。具体的には、特定の動画広告を閲覧したUnknownユーザーを対象に、DSPによるバナー広告を配信することも可能。また、メールアドレス取得済みのユーザーには個別でメール配信といった、システム間の連携を実現できる。

MarkeZine編集部[著]