藤谷康晴個展「ドローイング一族・現代の歌舞伎者たち」

2017年7月5日(水)から9月30日(土)まで、クロスホテル札幌 2F ロビー・ミートラウンジにて、藤谷康晴氏の個展「ドローイング一族・現代の歌舞伎者たち」が開催される。クロスホテル札幌とクラークギャラリー+SHIFTのコラボレーションによる「まちなかアート・クロス・エディション」の第25弾。写楽の「大首絵」へのオマージュとして描かれた新作を中心として展示が繰り広げられる。会場の営業時間は10:00〜24:00(貸切の場合あり)。
1981年生まれで札幌を拠点に活動中の藤谷康晴氏は、日本古来の八百万の神々の思想をもとに、目に見えない存在、生き物、神々、魔物たちをドローイングで表現している。これまでに、札幌 / 帯広 / 京都 / 大阪 / シカゴ / サンフランシスコで作品を展示。数多くのドローイングパフォーマンスも行ってきた。今回の個展では、新作シリーズの「ドローイング一族・現代の歌舞伎者たち」を披露。写楽の「大首絵」に対してドローイングで過剰な“虚構性”を増幅させ、新たな人物群として現代に再登場させることによって、“存在のリアリティ”が抽出されている。
■期間:
2017年7月5日(水)〜9月30日(土)

■開催場所:
クロスホテル札幌 2F ロビー・ミートラウンジ
北海道札幌市中央区北2西2

■問い合わせ先:
クロスホテル札幌 / クラークギャラリー+SHIFT
url. https://www.crosshotel.com/sapporo/
url. http://www.clarkgallery.co.jp/