仏パリの国連教育科学文化機関(ユネスコ)本部前に掲げられた同機関のロゴ(2011年9月14日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】国連教育科学文化機関(UNESCO、ユネスコ)は4日、10年以上に及ぶ保護活動の成果を受け、コートジボワールのコモエ国立公園(Comoe National Park)を「世界危機遺産(World Heritage in Danger)」のリストから除外する決定を下したと発表した。

 ユネスコの世界遺産委員会(World Heritage Committee)は、ポーランド南部の都市クラクフ(Krakow)で7月2日〜12日の日程で開かれている今年の年次総会で今回の発表を行った。

 ユネスコは、声明で「コモエ国立公園から姿を消したと考えられていたゾウやチンパンジーなどの象徴的な動物種の個体数が再生しつつあり、生息環境の保護状態は現在、非常に良好だ」と述べた。

 ユネスコは「動物相保護の目標は実際に達成されたばかりか、それを上回るほどだ」と続け、密猟と闘うコートジボワール政府の努力を称賛した。

 1983年にユネスコの世界遺産に登録されたコモエ国立公園は、西アフリカで最大規模の保護地域の一つで、多様な植物が生育することで知られている。

 ユネスコは2003年にコモエ国立公園を危機遺産リストに加えた際、密猟、火災、過放牧などを懸念材料として挙げ、世界最大のカカオ産出国コートジボワールで数か月続いていた紛争も同国北部に広がる同公園を脅かしていると指摘していた。

 約10年に及んだ国内を二分する紛争は2011年に終結、コートジボワールに平和が戻った。

 ユネスコの1052の世界遺産のうち、アフガニスタン国内の複数の国立公園と考古学的遺跡や、シリアの古代都市や古代村落群など50以上が危機に直面している。
【翻訳編集】AFPBB News