男性が「女友達に、なぜか恋しちゃった瞬間」4ケース

写真拡大

 合コンスナイパーの桜井涼(男)です。

 よく男女間の友情は成立するか? という議論がありますよね。僕は「成立する」と考えている派なのですが、人にもよって意見が分かれるでしょう。

 では、「友達から恋愛に発展することはあるか?」というと、僕はこれも「ある」と思います。僕自身もそれに近い経験はあります。

 それまで友達関係だったのが、どういう瞬間に恋愛感情を抱くのでしょうか? 周りの男性に聞いてみました。

◆男性が語る「友達なのに…恋に落ちた瞬間」

◆ケース1)風邪の見舞いに来てくれた女友達に…

「彼女と別れてしばらく経ち、風邪で寝込んでいたある日のこと。年に数回、飲み食いする程度で恋愛対象として見たこともなかった女友達が、『何してんの〜?』とLINEしてきたんです。

『風邪ひいて寝込んでる……熱もあって』と送ったら、『大丈夫!? 迷惑じゃなければ、何か買っていってあげるよ?』と返信が。

 その後、本当に果物やゼリーを買って家に来てくれたんですけど、彼女に食べさせてもらってる間、『こいつ、結構かわいいとこあるじゃん』と思ったら不覚にもアソコが元気になってしまいまして……(苦笑)。

 それを正直に告白したら、そのまま流れですることになってしまい、付き合うことになりました」(28歳・建築メーカー)

◆ケース2)下の名前で呼び捨てにされてるうちに“特別枠”に

「一回り以上も年下のB子は、いつも僕のことを下の名前で呼び捨てで呼んでいたんです。それだけなんですけど、僕の中にはなぜかB子は“特別枠”というインプットのされ方をしていました。

 特に恋愛対象として意識したこともなかったんですが、呼び捨てで呼ばれ続けるうちに、ほかの女友達とは微妙に接し方が違うことを僕自身も自覚するようになってきて……。

 しばらくして彼女に恋愛相談をされて、気がついたら『そんな男やめて、俺と付き合っちゃえば?』と口にしていました。いつの間にか気になる存在になっていたんだと思います」(34歳・飲料メーカー)

◆ケース3)他の男と楽しそうに話す姿を見て、急に嫉妬心が

「同じサッカーチームが好きなことから友達になったC代は、見た目は僕のタイプではないんですけど、会えばいつも笑顔で楽しそうに話を聞いてくれるコでした。きっと彼女は誰に対しても笑い上戸で聞き上手なんだろうなと思っていたので、異性として見たこともなかったのですが、あるとき複数の男女で飲んだとき、ほかの男と楽しそうに話す彼女を見て嫉妬したんですよね……。

 その数日後、一緒に行ったサッカー観戦の打ち上げで『C代ちゃんって誰に対してもああいう感じなんだね』って言ったら、『ひどい。私はずっと●●くんのことが好きだったのに』って、ワンワン泣かれてしまって。その姿を見ていたら思わず抱きしめていました。今は付き合っています」(31歳・飲食)

◆ケース4)酔った勢いでキスしちゃった

「ちょっと嫌なことが続いて、仲間うちの忘年会でベロベロに酔っ払ってトイレで吐いていた僕を介抱してくれたのが、長年友達だったD子でした。

 酔っていた勢いでキスしてしまったんですけど、強く嫌がる素振りもなく『もう〜、何やってんの! そんな●●くん見たくない! しっかりして』という態度で返すD子に惚れちゃったんですね。

 その数日後、僕から告白していました」(36歳・金融)

◆友達だけど、実は意識していたパターンも

 どうでしょうか? けなげな姿に母性を感じて好きになったり、心のどこかでなんとなく意識していたのが、ふとした瞬間一気に……と、そんなパターンが多いようです。

 僕自身のケースでは、お互い交際相手がいたので友達付き合いを続けていた女性と、酔っ払った勢いでベッドインしてしまったことがあります。僕のほうが好意を隠して友達付き合いをしていたのですが、思い返せばそのコも、いつも僕が頼んだことには協力的でした。

 長いこと友達ではあっても、その女性がいつもどんな風に接してくれたかは、自分の中にインプットされているものです。

 ふとしたときに、「そういえば俺、このコといると、いつも笑ってるな」とか、「こんなとき、あのコだったら、なんて言ってくれるかな」と思い出すのは、やはりいつも笑顔で、自分を元気づけてくれる女性なんですね。これは多くの男性がそうだと思います。

 もちろん「友達は友達」と考える男女もいますが、男と女である以上、いつか潮目が変わる瞬間があるかもしれません。友達への片思いで苦しんでいる人がいたら、可能性はゼロではない、と伝えたいですね。

【桜井涼】
これまで500戦以上の合コンをこなし、通算打率5割をキープしてきた出版界屈指の合コンスナイパー。出会い、恋愛の事情通として雑誌などへの登場も多数。Twitterも更新中。