画像

写真拡大 (全2枚)

 スマートフォン広告事業を行うCyberZは、テレビとWeb間のユーザー行動を可視化するサービスを発表した。テレビ視聴データとスマートフォン上のユーザーデータを統合し、テレビ広告とWeb広告を横断したマーケティングの提供を目指す。

 サイバーエージェントの連結子会社でスマートフォン広告事業を行うCyberZは、認知から獲得まで一貫したスマートフォン広告支援を行う専門組織「ブランドテクノロジー局」を設立し、テレビとWeb間のユーザー行動を可視化するサービスを発表した。

 新設する「ブランドテクノロジー局」ではメーカー/サービス事業者各社と連携し、テレビ視聴データとスマートフォン上のユーザーデータを統合する。この統合によって、テレビ広告視聴ユーザーのWeb上での広告視聴データやアプリ内でのアクションを計測できるようになる。計測されたデータを分析することで、テレビ広告とWeb広告を横断したマーケティングを提供していく狙いだ。

MarkeZine編集部[著]