日本に向けたメッセージ映像も公開 (C)Marvel Studios 2017. (C)2017 CTMG.
All Rights Reserved.

写真拡大

 「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」でスパイダーマンを演じ、単独映画「スパイダーマン ホームカミング」が控えるトム・ホランドの初来日が決定した。8月7日に開催されるジャパンプレミアに参加する予定だ。

 「インポッシブル」「白鯨との闘い」のほか、「借りぐらしのアリエッティ」のイギリス上映版で主人公の声優を務めたホランドは、英ロンドン生まれの21歳。「ドクター・ストレンジ」でマーベルヒーローの仲間入りを果たしたベネディクト・カンバーバッチとの共演作「The Current War(電流戦争)」、人気ゲームを実写映画化する「アンチャーテッド(原題)」など話題作が多数待機中だ。

 メッセージ映像も合わせて公開され、「来日して、皆さんに会うのが楽しみです」とコメントを寄せているほか、初来日について「すごくエキサイティングだよ! 日本にはずっと行きたかったんだ。今まで経験したことがない日本の文化を経験できるなんて最高にうれしいよ」と興奮気味に語っている。日本のファンに向けては「日本の皆さん、お元気ですか? トム・ホランドです。僕は新しいスパイダーマンを演じています。日本で皆さんに会えることにとてもワクワクしています」と呼びかけている。

 「スパイダーマン ホームカミング」は、ヒーロー気取りの高校生ピーター・パーカー(ホランド)が、アイアンマンことトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr.)に支えられ、スパイダーマンとして成長していくさまを描く。「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」(7月29日公開)が控えるマイケル・キートンが、悪役のバルチャーに扮する。8月11日から全国公開。