ミランから移籍したGKアレッサンドロ・プリッツァーリ【写真:Getty Images】

写真拡大

 イタリア2部(セリエB)のテルナーナが4日、ミランに所属する17歳のU-20イタリア代表GKアレッサンドロ・プリッツァーリをレンタル移籍で獲得したと発表した。期間は1年間で2018年6月までとなっている。

 ミランの正守護神を務める18歳のGKジャンルイジ・ドンナルンマと同じく期待されているプリッツァーリ。今年6月に開催されたU-20W杯ではイタリア代表として出場し、3位決定戦のPK戦で相手のシュートを2本ストップするなど評価を高める活躍をしていた。

 ただ、トップチームでは出場機会に恵まれないこともあり、武者修行のためレンタル移籍することを決断したのだろう。また、契約延長拒否した後に一転して契約更新に合意したとされるGKドンナルンマの、正式発表およびチーム残留に目処が立ったのかもしれない。

text by 編集部