ローリング・ストーンズがニューアルバムか

写真拡大

ザ・ローリング・ストーンズが、ニューアルバムをリリースする方向のようだ。

ストーンズはユニバーサル・ミュージックとの契約を更新。73歳のミック・ジャガーとキース・リチャーズは新曲作りのため、最近、ロンドンとニューヨークでスタジオ入りしていたという。

英紙デイリー・メールによると、チャーリー・ワッツ(76歳)ロン・ウッド(70歳)を含めた4人は、今年のクリスマスにライブの模様を収めたコンピレーションアルバムをリリースする予定となっており、それに続いて新しいスタジオアルバムが、間もなく始まるヨーロッパツアー終了時にリリースされることになるという。

ある情報通は次のように述べている。

「ミックもキースも音楽を止めるくらいならステージで死んで棺桶に入りたいタイプです」
「彼らは今年のはじめにスタジオで色々と作業をしていました。すべてはうまくいっていたようです。15曲ほどを録り終え、アルバム用に短くしたようです。レーベルの責任者らが聴いたところ、その出来にとても感激していたようです」
「年齢はいい音楽を作ることと無縁です。新作が売れることは間違いないでしょう」

ストーンズは昨年ブルースのカバー曲を集めた「ブルー&ロンサム」をリリースし、チャート入りを果たした。