6月29日、中国の通信大手の華為技術(ファーウェイ)が千葉県に工場を設立する方針であることが報じられました。工場は研究開発を主とするR&D拠点になると見込まれています。これまで製造業の進出というと、日本から人件費の安い中国への一方通行だったのが逆方向での進出になるということで、各所で驚きをもって受け止められています。

 今回のファーウェイの日本進出は、中国企業が大きく力をつけてきたことと、日中間の人件費の差がもはやそれほど大きくはないということを端的に示しています。しかし中国製品の価格は日本製品と比べ、いまだに大幅に安い傾向があることは周知の通りです。この相変わらずの価格差はどこからくるのか? 筆者は、中国企業が持つ最大の強みである徹底的な「ローコストオペレーション」によって差が開いているのではとみています。

 そこで今回はこのローコストオペレーションに着目して、筆者のこれまでの取材経験や実務経験を元に中国企業の長所と短所、日本企業との違いについて考えてみたいと思います。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

人件費だけの差ではない日中製品の価格差

 かつて中国製品というと、安価だけれども品質が著しく低いことから「安かろう悪かろう」の代名詞として扱われてきました。現在も、建材や鉄鋼製品などいまだに品質面で目も当てられない製品分野は少なくありません。

 ただし、携帯電話をはじめ家電や日用消費品などは、中国の経済発展とともに年々品質が向上し、先進国でも実用に耐えるレベルにまで向上してきました。品質の単純比較ではまだ多くの面で日本製品が上回っていますが、コスト面では言うまでもなく中国の製品に分があります。国際市場における競争力では、残念ながら中国製品に軍配が上がるのが現状です。

 なぜ中国製品は安価なのか。その理由として、多くの読者は人件費の安さを真っ先に思い浮かべることと思います。

 しかし、十数年前であれば日本と中国の人件費は天と地ほども差があり、製品の価格差は単純に人件費の差だと説明することができましたが、現在は、中国の人件費は当時と比べて何倍にも上昇しています。そのため、果たして人件費だけで現在の価格差を説明できるかと言うと、明らかに無理があります。

 また、中国よりも人件費の低い東南アジア諸国も存在する中、中国製品はなぜいまだに高い国際競争力を保っているのでしょうか。

 結論を言えば、無駄な費用や経費を極力抑えて低価格化を実現し、その一方で、国際市場で必要とされる最低限の品質を確保しているからです。必要最低限の品質を低コストで実現しているのが今の中国企業の姿なのです。

素早い決断と果敢な投資

 冒頭で述べた通り、中国企業が持つ最大の強みとはローコストオペレーションに長けている点だと筆者は考えます。

 ローコストオペレーションとは読んで字のごとく、無駄な費用や経費を極力抑え、企業の業務活動におけるコストの低減化を図ることです。日本の「カイゼン」もある意味、ローコストオペレーションの一種とも言えますが、実際には日系企業の場合は原料価格などを無視して下請けから安く買い叩いているだけ、という状況が多い気がします。

 一体なぜ中国企業はローコストオペレーションに長けているのでしょうか。

 第一の理由として挙げられるのは、すでに他の様々なメディアでも指摘されている通り、中国企業は決断が非常に早く、投資を果断に実行するという点です。14億人を擁する世界最大の市場が目の前にあるという地の利を生かし、設備や販路への投資を素早く実行するので、製造コストだけでなく流通やサービスコストも短期間で引き下げることができます。

 中国企業の決断が早いのは、単純に中国人が全体的にせっかちな性格をしているという要因もありますが、やはり大半の中国企業において現在の経営者がその会社の創業者であることが大きいでしょう。会社の業務拡大に熱心な創業者兼社長(総経理)が施策を決定すると、トップダウンで会社全体が一気にその方向に舵を切るのです。言い換えれば中国にはそれだけ若い企業が多いということかもしれません。

日本よりも恵まれた資金調達環境

 中国企業がローコストオペレーションに長けている第2の理由として挙げられるのは、資金の調達環境が日本よりも恵まれていることです。

 設備やサービス拠点などを素早く展開するには、言うまでもなく資金が必要ですが、筆者の目から見ると、中国ではこの資金を用立てる環境が日本以上に整備されています。

 日本では資金提供者として、まず銀行など公的金融機関が挙げられますが、中国の場合ですとベンチャーキャピタルなどプライベートファンドが数多く存在します。創業期のベンチャー企業はこれらファンドの支援を受け、あっという間に設備や拠点を整えるという特徴があります。

 中国にこうしたファンドが多い背景としては、既に成功して新たな投資先を求めている実業家が多いことに加え、中国政府もベンチャー企業を応援する姿勢が強く、半官半民のベンチャーキャピタルが数多く存在しているという実態があります。

長所でもあり短所でもある品質意識

 第3の理由は、「品質への割り切り」があることです。

 中国の経営者は、やみくもに高い品質を目指すのではなく、エンドユーザーが求める最低ラインの品質を見定め、そのラインぎりぎりまでコストを下げることに長けています。現在の中国製品は、この品質の最低ラインを突き、安価で供給することで競争力を得ているというわけです。

 その代わり、中国製品の品質はいまだ高い評価を得られていません。また、現場従業員の品質意識も相変わらず低く、改善が見られないのが実状です。

 筆者は一時期、中国の工場で品質管理を担当していたことがあります。その際、実感したのは、中国人の品質意識は想像以上に低いということでした。

 製造工程に不良対策を施してマニュアル化しても、「これでもっとコストが下がるから」などと言って、勝手に現場で工程や使用材料を変えてしまいます。また、サプライヤーも、何も言わずに原材料を安価な粗悪品に変えてくるので、まったく油断できません。中国企業における最大の弱点は、やはり上から下まで低すぎる品質意識でしょう。

 現在、多くの中国企業が海外展開を果たして各地でマーケティング活動も展開していますが、こうした品質面での問題が響き、ブランド価値は低いままです。中国人自身もブランディングこそが大きな課題だと自認してはいるものの、改善には至っていません。

 対照的に、日本企業の品質意識は世界で一二を争うレベルと言えるでしょう。

 ある中国人が日本車について「丈夫で壊れにくいが、同時期に購入した車は、なぜか購入後7年後といったようにピタリと同じ時期に故障を起こす」と言っていたのを聞いたことがあります。これは見方を変えると、故障を起こす時期まで一致するくらい品質が均一化されている証左とも取れます。中国人から見ると、日本企業の品質管理は神がかっていると言っても過言ではないレベルなのです

 ただ、日本企業には、顧客の要求以上の品質を追い求めるあまりコストが増大し、価格面で競争力を失うという過剰品質問題がかねてから存在します。現在、中国企業の製品のほうが国際競争力が勝っている現実を考えると、日本企業は世界市場での「適正」レベルまで品質を落としてコストを引き下げるということについて、もっと考えてみる必要があるかもしれません。

筆者:花園 祐