メモリークリニックで行われているプログラムアート


 東京の御茶ノ水に、認知症の早期発見と早期治療のための専門クリニック「メモリークリニック」があります。

 このクリニックでは認知症の前段階と言われる軽度認知障害(MCI)に対する取り組みの1つとして、「プログラムアート」という手法で脳活性化を行っています。

 「プログラムアート」を主催するのは、プログラムアートARTMaN(東京都文京区)です。

 筆者は20人ほどの方々が参加する「プログラムアート」を体験し、代表の鍋島次雄さん、井上貴美枝さんにお話を伺いました。この取り組みの魅力と、認知症を予防・改善する可能性について紹介します。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

「表現」がなぜ認知症の予防・改善につながるのか?

 「プログラムアート」は今まで、認知症の前段階である軽度認知障害の方から、進行した認知症の方に対して行われてきました。

 今、認知症を患っている方は、戦後復興の後に急激に成長する日本社会の中で、ある意味抑圧されて生きてきました。そして皆が、皆と同じように生きてきました。

 しかしアートに取り組んだ瞬間、「自由」を手にします。

 今まで抑圧されていた人が、いきなり自由を手に入れるのです。とても張り切って表現に取り組みます。同じテーマでも、30人いれば皆が違う絵を描きます。

 このようにアートでは、「感情を形に表す」「新しい自分を発見する」ことによって、大きな達成感が得られます。アートのこの作用に、認知症を予防・改善する可能性が秘められています。

「成長」の中に強い達成感がある

 人は高齢になるにつれ、身体機能の衰え、病気、記憶力の低下など、以前はできていたことができなくなります。そのプロセスを自分の中でどう消化するかということが、老いへの向き合い方の本質と言えるのかもしれません。

 しかしアートの世界では、身体機能が低下しても、記憶力が低下しても、「成長」することができます。ARTMaN代表の鍋島さんはこのように語ります。

 「アートではどんなに進行した認知症の方も、必ず成長します。1時間前に自分が食べたご飯のことを覚えていない方も、1週間前に自分が作った絵を見つけ出して、続きを描き始めることもあります」

 「参加者の方々はアートを通じた成長の中に、強い達成感と、生きる意味を実感しているのです」

講習の様子


 「プログラムアート」とは

 さて、ここまで紹介してきた「プログラムアート」とは何なのでしょうか?

 「プログラムアート」とは、ARTMaNが長年かけて独自に開発した、アートによって認知症の予防、改善をするプログラムです。参加者は筆を手に取り、絵の具を使って絵を描くことで自由な表現をします。iPadを使って、デジタルな絵を描くこともあります。

 プログラムアートの特徴の1つは、集団で行うことです。「もう50年も絵を描いたことがない」と戸惑う人も、隣で他の参加者がすらすらと表現するのを目の当たりにすると、自然と筆が動き始めます。

 表現ほど多様なものはなく、他の参加者が作っているものから良いインスピレーションをもらい、アートを通してコミュニケーションが生まれ、お互い刺激し合います。

アートを通じて一番変化するのは、実は家族

 「プログラムアート」は認知症の前段階の方から、認知症がかなり進んだ方にまで行われます。特に認知症が進行した人がプログラムに参加する場合に一番変化するのは、介護をしている「家族」です。

 認知症が進んでいくと、仕事や家事が徐々にできなくなります。家族を含めた周りの人は、本人がギリギリできることも代わりにやってしまうようになりがちです。

 すると本人にとっては、日々の生活の中で「真剣になる瞬間」がどんどん減ってしまうのです。

 しかしアートに取り組むと、彼らは真剣になります。

 そして「プログラムアート」の最大のコツは、本人の表現を邪魔しないことです。家族が見学する場合も、認知症を抱えた本人が、いったい何を描こうとしているのか、何をやろうとしているのか、黙って見守ります。

 日々の忙しい生活の中では、認知症の本人と介護する家族の間で、こういった関係が失われていることが多いのです。

 本人が真剣に取り組む。家族は本人を見守り、本人の意図ややろうとしていることが何なのか、真剣に向き合う。

 この過程の中で認知症の方の能力が発揮され、本人にとっても家族にとっても、「こんなことができるんだ」という新たな成長や発見につながります。この体験が、本人と家族の間で尊重の念を思い出させ、日々の生活や介護が本来の自然な姿に戻ります。

完成した作品


これからのアートと医療には、「補助」よりも「協力」が必要

 鍋島さんが長野のある病院で「プログラムアート」を実践したときのことです。病院の看護師さんは、「この人は失語症。喋れません」とだけ言って、1人の患者さんを連れて来ました。

 しかし鍋島さんが大切にしていることは、「特別扱いしない」ということです。相手が認知症を抱えているからといって、敬語を使わなったり、子供のような扱いをすることはありません。

 日々の生活や看護は忙しく、認知症の方のペースに合わせるのが難しいこともあるかと思います。しかしアートには、自由があります。彼らのペースを尊重し、「補助」するのではなく、彼らの表現に「協力」します。

 そのような信念で失語症と言われた患者さんに接していると、なんと喋り始めたそうです。

 「看護師さんが全然喋らないと言っていた人が喋ったんです」

 認知症とは、記憶力や言語能力、コミュニケーション能力が低下することです。しかしアートには、自由な表現を通じてその人の能力を引き出し、また周りの人との関係性も良くする力があります。

「アートはつなぐものなんです」

 「私は思うんです。アートはつなぐものなんですよ。色と色、絵と人、人と人、コミュニティをつなぐんです」

 実際に私が訪れたワークショップでは、参加者同士のコミュニケーションが生まれ、お互いが刺激し合って良い表現を生み出していくコミュニティがありました。

 認知症の方に向けたグループワークや、多くの高齢者施設で行われているプログラムは形ばかりのお遊戯であることも多いのですが、ARTMaNの取り組みは全く違いました。こういった取り組みが全国に広がればいいな、と思います。

制作風景


● ARTMaNについて
プログラムアートARTMaN
〒113-0033
東京都文京区本郷7-2-6-30B
HP:http://www.programartman.com

筆者:二宮 英樹