滝沢カレン、藤田ニコル(画像提供:日本テレビ)

写真拡大

【藤田ニコル・滝沢カレン/モデルプレス=7月4日】モデルでタレントの“にこるん”こと藤田ニコルと滝沢カレンが、5日放送の日本テレビ系バラエティー番組「1周回って知らない話 相撲&将棋&ハーフモデル…今キテるブームに疑問連発SP」(よる7時〜)に出演する。

【さらに写真を見る】藤田ニコル、写真加工疑惑に言及

東野幸治がMC、川田裕美がアシスタント務める同番組では、テレビで当たり前として扱われているが、“今どきの視聴者”が知らない疑問を調査。本人にその疑問をぶつけて明らかにしていく。

◆バラエティー界で大活躍!藤田ニコル&滝沢カレン


今回登場する藤田と滝沢は、2人とも今年上半期の番組出演数やCM契約数など破竹の勢い。スタジオでそれぞれの1ヶ月のスケジュールをチェックしてみると、休みなく仕事の詰まったカレンダーに東野は仰天する。

そんな2人に今どきの視聴者たちから「ちゃんとモデルの仕事はやってるの?」という疑問が。そこで番組では2人の仕事現場に密着。カレンが専属モデルを務める雑誌の撮影では、バラエティー番組では見せたことがない表情顔が続々あらわに。ポージング、食事、スタッフの評判など、意外な一面が明らかになる。

一方の藤田も雑誌の撮影ではプロの顔。コラボ商品の打ち合わせでは、普段のおバカ発言からは想像できないビジネスモードの発言を連発する。そんな裏の努力があってこそ売れっ子となった2人だが、下積み時代の苦労を告白。意外と世間に知られていない2人のヒストリーを紐解く。

◆滝沢カレンは厳格な祖母との涙の秘話、藤田ニコルは支えてくれた母への思いを告白


滝沢は、今大ウケしている独特の日本語はロシア語の通訳をしている母親の影響だという。しかし滝沢自身は東京生まれ、東京育ち。厳格な祖母から芸能界入りを猛反対されるも密かな努力を続け、2年前「さんま御殿」に出演。唯一同番組だけ見たという今は亡き祖母の反応が明かされる。

そして3歳のときに両親が離婚し貧しい暮らしをしていた藤田は、母を助けたい一心で小学生のときモデルになることを決意したという。しかしモデルになったことで学校では同級生たちから辛い仕打ちも。そんなときも支えてくれたのはやはり母。そこで、まだモデルとして芽の出ない自分を変えようと、中学生だった藤田はある大胆な作戦に打って出る。

さらに番組では、2人の私生活を徹底調査するため休日にも密着。洋服の買い方、食事の摂り方、美容へのこだわり、体型維持のトレーニングなど、同じモデルでも意外に正反対なところもあることが判明する。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】