by Alan Levine

自動運転カーには滑りやすい雪道やセンシング技術「LIDAR(ライダー)」のサイズ&コストなど課題がいろいろとありますが、その1つに「カンガルー」もあるそうです。

Driverless cars: Kangaroos throwing off animal detection software - ABC News (Australian Broadcasting Corporation)

http://www.abc.net.au/news/2017-06-24/driverless-cars-in-australia-face-challenge-of-roo-problem/8574816



Volvo admits its self-driving cars are confused by kangaroos | Technology | The Guardian

https://www.theguardian.com/technology/2017/jul/01/volvo-admits-its-self-driving-cars-are-confused-by-kangaroos

スウェーデンの自動車メーカーであるボルボの自動運転カーには「大型動物検出システム」が搭載されていて、エルク(ヘラジカ)などを識別して自動的に回避することができます。しかし、オーストラリアで自動運転カーのテストを行った結果、カンガルーがうまく検出できないことが判明しました。

ボルボ・オーストラリアのテクニカルディレクターであるデビット・ピケット氏によると、検出システムは地面を基準点として使用しているため、カンガルーがジャンプ中は遠くにいるように認識され、着地すると近くにいるように認識されるのが原因だとのこと。



by Paul Asman and Jill Lenoble

マネージングディレクターのケビン・マッカン氏は、今回の発見は無人運転技術の開発と試験の一部であり、ボルボの自動運転カーが実用化される2020年までは問題として提起する予定はないとのことですが、オーストラリアではカンガルーとの衝突事故が動物との事故のうち90%を占めているため、問題を無視するわけではなく、カンガルーも識別可能なように開発を進めていくとのことです。