中条あやみ&佐野勇斗が“美女とオタクの恋” (C)2018 映画「3D彼女 リアルガール」
製作委員会 (C)那波マオ/講談社

写真拡大

 「月刊デザート」(講談社刊)で連載された那波マオ氏による人気コミック「3D彼女 リアルガール」が実写映画化されることになり、中条あやみが主演することがわかった。派手でツンツンしているうえに、男グセが悪い“リア充完璧超絶美少女”五十嵐色葉役に扮し、ドラマ「砂の塔」で話題を集めた佐野勇斗と共演する。

 累計発行部数100万部を突破した同名漫画をもとに、英勉監督ら「ヒロイン失格」のスタッフ陣が再結集。“コミュニケーション能力”をテーマの中心に据え、学校中の注目の的である色葉(中条)と、恋愛経験ゼロの2次元オタク男子・筒井光(佐野)のラブストーリーを描く。

 2次元の世界を心の支えに生きる“つっつん”こと筒井光は、ある日、プール掃除を一緒にやるハメになった美少女・色葉と急接近し愛の告白を受ける。コミュ力ゼロなだけに「新手のいじめか?」と被害妄想にとりつかれるつっつんだが、どうやら色葉は本気の模様。奔放な彼女に振り回されたり、「オタクのくせに」と嫉妬するイケメン男子・みつやからの嫌がらせなど初体験の連続に、つっつんのコミュ力はついに限界を突破してしまう。

 主演を担う中条は、「原作を読ませて頂いた時、文字や絵、キャラクターひとつひとつに那波さんの愛を感じて、そんな愛に溢れた作品のお話を頂きとても幸せです!」と大喜び。「英監督に劇中のセリフをなぞって『よくできたフィギュアだ』と仰っていただいたので、ハードルがあがって緊張してしまいます」と役どころへのプレッシャーを吐露し、それでも「色葉のようにマイペースでどんどん周りを巻き込んで、丁寧にそして楽しく、皆で一生の思い出になる素敵な作品をつくっていきたいです」と意気込んでいる。

 さらに佐野は「原作を読ませて頂いて、筒井の人柄が大好きになりました」と感情移入した様子。「暗い役かと思いきや物事にとても真剣で、ひとつのことをつきつめていく熱さを持った、中身のイイ男だと思います」と評し、難役だが「人物に近づけるよう、僕なりにさまざまな角度で挑戦していきます」と誓った。

 英監督は「中条さん、佐野くんという完璧なキャスティング」と胸を張り、「2人が役者人生を振り返ったとき、あの時にしかできなかった“夏休みの面白い1日”みたいな作品にしたいと思っています。こりゃ楽しみしかねーべさ」とクランクインを心待ちにしている。「3D彼女 リアルガール」は、2018年に全国公開予定。