宇佐美にライバル到来! アウグスブルクがオーストリア代表FW&U-20W杯で日本戦出場のベネズエラ人FW獲得

写真拡大

▽アウグスブルクは4日、ハンブルガーSVからオーストリア代表FWミハエル・グレゴリッチュ(23)、カラカスからU-20ベネズエラ代表FWセルヒオ・コルドバ(19)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間はいずれも2022年6月30日までの5年となる。

▽母国のカプフェンベルガーでキャリアをスタートしたグレゴリッチュは、ホッフェンハイムやボーフムを経て、2015年にハンブルガーSVに完全移籍で加入。193cmの長身に加え、左右のウイングでもプレー可能な機動力を併せ持つ同選手は、昨季リーグ戦30試合に出場し、5ゴール3アシストを記録していた。

▽一方、母国のカラカスからアウグスブルクに加入することになったコルドバは、右ウイングを主戦場とする188cmの大型アタッカー。先月まで韓国で開催されていたFIFA U-20ワールドカップでは、U-20日本代表戦を含め全試合に出場し、4ゴールを記録。同国史上初の準優勝に大きく貢献していた。