足の裏に塗ってもスーッとするのか(画像は米P&Gのヴェポラッブ製品ページ)

写真拡大

風邪による鼻づまりやくしゃみに悩まされているとき、「ヴェポラッブ」を塗った経験がある人は少なくないだろう。あめ状ののど薬で知られる「ヴィックス(Vicks)」ブランドで販売されている、メントールの香りと湿布のような清涼感が特徴の塗り薬だ。

一般的に知られているヴェポラッブを塗る体の個所は背中や胸、のどだが、インターネット上では「足の裏に塗って靴下を履くと咳止めにも効果がある」とする情報を見かける。本当に効果があるのだろうか。

製造元の米P&Gは「想定しない使用法」

「ヴェポラッブを足の裏に塗る」という使用方法は日本よりも欧米でよく知られている、一種の民間療法のようだ。米国の電子掲示板「Reddit(レディット)」上では「おばあちゃんでも知っている古典的な方法だ」という書き込みもあった。

まずヴェポラッブの正しい塗り方を再確認するため、日本での販売元である大正製薬の製品ウェブサイトを確認したところ、「吸入」と 「湿布」の2つの作用で鼻づまりやくしゃみなどをやわらげるとされている。そもそも咳止めの効果が含まれていない。

「よくある質問」には「ヴイックス ヴェポラッブは、どこにぬると効果的ですか?」との質問が掲載されており、

「胸やのど、背中に指先や手のひらでぬっていただくと、有効成分を吸入しやすくなります」

との回答が明記されていた。足の裏とはどこにも書かれていない。

そこで、ヴェポラッブの製造元にあたる米プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)にJ-CASTヘルスケアが「ヴェポラッブを足の裏に塗るという用法は想定されているのか。またそうすることで咳止めに効果があるのか」と質問をメールで送ったところ、「製品の使用方法として想定していない」との回答があった。当然、足の裏に塗って咳止めの効果があるかも確認していないという。

医師はどう考えるだろう。都内の総合病院に勤務するある医師はJ-CASTヘルスケアの取材に対し、「ヴェポラッブを足の裏に塗るというのは初耳」と話す。

「塗り薬なら当然、皮膚が厚い足の裏より胸や背中の方が成分は浸透しやすいでしょうし、香りを吸引するなら鼻に近いのどや胸のほうが効果は高いと思うのですが」

と苦笑。さらに、こう続けた。

「いずれにせよひどい咳の場合はアレルギーや感染症の可能性があります。小さな子どもであれば呼吸困難になるリスクもあり、医療機関を受診することをお勧めします」

咳によるストレスを軽減してくれる?

2010年に米ペンシルベニア州立大学がヴェポラッブを2〜11歳の子ども138人の胸部に塗り、経過を観察した研究結果を発表している。これによるとメントールの香りが気道に「冷たい」と誤解させ血管が収縮し、咳の回数が減少。睡眠の質が改善されたことを確認した。

この研究ではヴェポラッブの香りが重要であるとしており、最大限の効果を発揮するのは胸部にマッサージをしながら塗り込むことだという。足の裏に塗ってさらに靴下を履いてしまうと、香りはかなり薄れてしまうように思われる。

2015年1月6日付の英タブロイド紙「デイリー・メール」オンライン版に興味深い記事が載っていた。やはりヴェポラッブを足の裏に塗ることの効果を検証しているものだが、「足の裏に塗るという行為そのものが、咳を軽減させる可能性はある」という心理学者のコメントが掲載されているのだ。

咳をするとストレスが溜まり緊張状態に陥るため呼吸が浅くなり、より咳が出やすい状況になってしまう。そこでヴェポラッブを足の裏に塗るといった行為に集中することでストレスレベルが下がり、理論的には咳の緩和にもつながるという。ただし、「足の裏に塗るという行為が他の行為よりも効果的だという証拠はない」とも話しており、

「結局のところ、自分の健康状態をよりよく改善したいという思いから出てくるプラセボ効果に過ぎないだろう」

と結論付けられていた。