ジョコビッチ、ラオニッチ、モンフィスらが2回戦進出 [ウィンブルドン]

写真拡大

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦7月3〜7月16日/グラスコート)の男子シングルス1回戦で、第6シードのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)がヤン レナード・ストルフ(ドイツ)を7-6(5) 6-2 7-6(4)で破り、初戦を突破した。試合時間は2時間16分。

 ウィンブルドンに7年連続出場となるラオニッチは、昨年の大会で自己最高となる決勝進出を果たし、アンディ・マレー(イギリス)に4-6 6-7(3) 6-7(2)で敗れていた。

 ラオニッチは2回戦で、ニコラ・マウ(フランス)を6-2 7-5 6-4で破って勝ち上がったミカエル・ユーズニー(ロシア)と対戦する。

 そのほかのシード勢の試合では、第2シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)、第15シードのガエル・モンフィス(フランス)、第25シードのアルベルト・ラモス ビノラス(スペイン)、第27シードのミーシャ・ズベレフ(ドイツ)、第29シードのフアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)が初戦を勝ち上がったが、第22シードのリシャール・ガスケ(フランス)はダビド・フェレール(スペイン)に3-6 4-6 7-5 2-6で敗れた。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Qは予選勝者、Ret.は途中棄権

◇   ◇   ◇

【男子シングルス1回戦 主な試合結果】

○60ラドゥ・アルボット(モルドバ)4-6 6-4 7-6(9) 7-6(3) ●59ファクンド・バグニス(アルゼンチン)

○65ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)[6] 7-6(5) 6-2 7-6(4) ●66ヤン レナード・ストルフ(ドイツ)

○67ミカエル・ユーズニー(ロシア)6-2 7-5 6-4 ●68ニコラ・マウ(フランス)

○72アルベルト・ラモス ビノラス(スペイン)[25] 6-4 6-4 7-6(4) ●71ジョーダン・トンプソン(オーストラリア)

○89ミーシャ・ズベレフ(ドイツ)[27] 6-4 6-3 6-4 ●90バーナード・トミック(オーストラリア)

○91ミカエル・ククシュキン(カザフスタン)4-6 6-4 7-6(4) 6-2 ●92ダニエル太郎(日本/エイブル)

○106ダビド・フェレール(スペイン)6-3 6-4 5-7 6-2 ●105リシャール・ガスケ(フランス)[22]

○107スティーブ・ダルシー(ベルギー)4-6 6-3 2-6 6-4 6-3 ●108リカルダス・ベランキス(リトアニア)

○113ガエル・モンフィス(フランス)[15] 6-3 7-5 6-4 ●114ダニエル・ブランズ(ドイツ)[Q]

○115カイル・エドマンド(イギリス)4-6 6-3 6-2 6-1 ●116アレクサンダー・ワード(イギリス)[Q]

○121フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)[29] 6-3 3-6 7-6(2) 6-4 ●122タナシ・コキナキス(オーストラリア)

○123エルネスツ・グルビス(ラトビア)6-1 6-1 6-2 ●124ビクトル・エストレーリャ ブルゴス(ドミニカ共和国)

○125アダム・パブラシェク(チェコ)6-7(7) 6-1 6-3 6-1 ●126エルネスト・エスコビード(アメリカ)

○128ノバク・ジョコビッチ(セルビア)[2] 6-3 2-0 Ret. ●127マルティン・クーリザン(スロバキア)

テニスマガジン/Tennis Magazine

※写真は「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン)の男子シングルス1回戦でヤン レナード・ストルフを破った第6シードのミロシュ・ラオニッチ
Photo:LONDON, ENGLAND - JULY 04: Milos Raonic of Canada serves during the Gentlemen's Singles first round match against Jan-Lennard Struff of Germany on day two of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at the All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 4, 2017 in London, England. (Photo by Julian Finney/Getty Images)