ネイマール、バルサでの“素人時代”の話が面白い!「ゲームじゃん」

写真拡大

2013年にバルセロナへ加入すると、これまで180試合以上に出場してきたブラジル代表FWネイマール。

その彼がバルサ入りした当時を振り返ったと、『as』が伝えている。

ネイマール

「最初はチームメイトたちと話すのさえ恥ずかしかったんだ。

彼らは僕のアイドルだったし、自分は新入りで、とても若かったからね。

ロッカールームに行って周りを見ると、こっちにはメッシがいて、あっちにはチャビ、イニエスタ、ピケがいる…。

まるで自分がテレビゲームの中にいるみたいだったね。

彼らとはゲーム上でしかプレーしたことがなかったのに、突然自分の隣にいるんだから」

当時のネイマールは21歳。すでに世界的に知られていた存在だったが、バルサ加入当初はスターたちに気後れしていたようだ。