実写映画『ハイジ アルプスの物語』日本語吹替キャストが発表!花澤香菜や茶風林、早見沙織が出演

写真拡大 (全5枚)

 名作「アルプスの少女ハイジ」の実写化映画『ハイジ アルプスの物語』は8月26日より全国公開。このほど、日本語吹き替え版キャストが発表されたほか、吹替予告編が解禁された。

 アルプスの山の大自然に囲まれ、ガンコだが優しい祖父と楽しく暮らしていたハイジ。ところがある日、大富豪のお嬢様のクララの話し相手として、フランクフルトの都会へ連れていかれることに。足が悪く車いす生活を送っていたクララは、明るく素直なハイジに励まされ元気を取り戻していく。ハイジとクララは固い友情で結ばれているが、ハイジは日に日にアルプスの山が恋しくなっていく。

 同作ではハイジ役を『夜は短し歩けよ乙女』の花澤香菜、がんこだけど優しいアルムおんじ役を『名探偵コナン』の目暮警部でおなじみの茶風林、車いすの令嬢クララ役を『聲の形』の早見沙織が声優を務めている。それぞれ、アニメ版でハイジの物語に親しんできたとのことで、役のオファーを受けた時は「まさか自分にハイジを演じる機会があるなんて思わなかったので、とても嬉しかったです。」(花澤香菜)などと喜びのコメントを寄せている。

 また、アフレコを終えて、「以前スイスに行ったことがあり、そこで感じた空気や景色を思い出しながらアフレコしていました。」(花澤香菜)、「大変な役でしたがおんじ役を演じられた事は大変幸せで、私の役者人生の宝物の一つになりました。」(茶風林)、「クララは、穏やかでやさしくまっすぐな女の子なので、演じていてこちらもそんな気持ち を貰った気がします。」(早見沙織)と、歴史あるキャラクターに新たに声を吹き込んだ感想を語っている。

 このほか、厳格なクララの教育係ロッテンマイヤー役に本田貴子、ヤギ飼いのペーター役に笹島かほるなど個性ある実力派声優らが参加。映画『ハイジ アルプスの物語』は8月26日全国公開となる。