レスターが強豪セビージャの主将獲得で合意 クラブも移籍祝福「愛と尊敬の念を勝ち取った」

写真拡大

ヨーロッパリーグ3連覇に貢献したセビージャのイボーラがレスター移籍へ

 日本代表FW岡崎慎司の所属するレスター・シティが、スペインの強豪セビージャからキャプテンのMFビセンテ・イボーラを獲得することで合意に達したという。

 英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。

 セビージャはレスターに移籍金1250万ユーロ(約16億円)でキャプテンを売却することにクラブ間で合意。「イボーラは模範的な振る舞いを常に示してくれた。セビージャの人々から満場一致の愛と尊敬の念を勝ち取った」と声明を発表し、4年間プレーした29歳の実力者の新たな挑戦を祝福している。記事によれば、UEFAヨーロッパリーグ3連覇に貢献したイボーラはメディカルチェックと給与など条件面の交渉のために、近日中に渡英する予定だという。

 2016年にクラブ史上初のリーグ優勝を果たしたレスターは昨季、チェルシーに移籍したフランス代表MFエンゴロ・カンテの驚異的な運動量とボール奪取能力の穴を埋めることができなかった。初出場となったUEFAチャンピオンズリーグの決勝トーナメント1回戦でセビージャと対戦し、イボーラの能力に着目。身長190センチの長身ながらボランチとDFに対応し、昨季に7ゴールを挙げるなど積極的に攻撃にも絡める万能戦士の加入は、巻き返しを誓うチームにとって心強い存在となりそうだ。