岡崎所属のレスター、セビージャ主将イボーラ獲得が内定

写真拡大

リーガ・エスパニョーラのセビージャは、「MFビセンテ・イボーラがレスター・シティに移籍することが内定した」と発表した。

ビセンテ・イボーラは1988年生まれの29歳。レバンテの下部組織で育成された後、2008年にトップチームへ昇格し、若くして活躍を見せた大型ボランチである。

2013年にセビージャへ移籍を果たし、その後はトップ下としても活躍するなど一貫性あるプレーを見せた。

昨年夏にはサンダーランドへの移籍が決まりかけていたものの、マーケットの期限に間に合わず実現しなかった。

そのため最初はリザーブからスタートするという状況であったが、最終的には再び重要な役割を任され、セルタ戦ではハットトリックも決めている。

今回、セビージャとレスター・シティの間で移籍金の額について合意に至ったことが発表されることとなり、今後イボーラ自身が個人的な条件を話し合うことになるようだ。

メディカルチェックも今後行われる予定となっており、それに合格すればようやくイボーラは念願のプレミア移籍を実現させることになりそうだ。