「スタジアムDJって必要ですか?」奈良クラブDJ藤原了さんと対談してきたよ!

写真拡大 (全2枚)

お久しぶりでございま…せんね。Qolyコラムニストの籠信明(twitter:@cage_nob)です。

このところサッカー関係でも色々やらせてもらっておりまして、バニーズ京都SCのスタジアムDJ&場内アナウンスを担当したりしました。Jリーグやなでしこリーグ1部と比べれば注目度は低いにもかかわらず多くの方々にご覧頂きまして、本当に感謝しております。

ただ、現場を経験すればもっと勉強したいなと思うもの。やればやるほど奥が深い。それと同時に思うのは、「オレ、特にいなくても試合は出来るよな…」ということ。DJの何が必要とされるのだろう。むしろ、必要とされるためには何をすれば?…そんなことを思ったりもしたのでありました。

じゃあ、現役の人に聞いてみよう!ということで…今回は「スタジアムDJって、本当に必要なんですか?」というテーマで対談をしてみました!

今回のお客様は、現在JFLで戦っている奈良クラブのスタジアムDJを務めている藤原了(ふじわら りょう)さん!

ユニークな取り組みで知られる関西の雄、その会場を盛り上げようと奮闘する藤原さんは、一体どんな気持ちで臨んでいるのだろうか?パクらせてほしい。

藤原了って、どんな人?

籠信明(以下――):まず、これまでの経緯を簡単に。DJを始められたきっかけは何だったんですか?

藤原了(以下、省略):学校卒業後に営業の仕事をしていました。その後、辞めることになって、コミュニティーFMの制作に転職した先輩と飲みに行った時、「次が決まっていないなら、話が面白いし音楽もよく知っているみたいだから、1回やってみたら?」と誘ってもらって、そのコミュニティーFMでレポーターとしてデビューさせてもらいました。

喋りの勉強なんてしたこともないのに(笑)「いいっすね!やることないしやりますわ!」て二つ返事で始めました。そこからラジオDJを目指してタレント事務所の養成所に通いました。

――いきなり!すごいですね。

ありえへんな!と思いますね(笑)電話レポートからやって、そこからメインになって、タレント学校に行って、今があると。

いきなり実地から「ああいいっすね、やることないしやりますわ!」という感じで…。

――「ちょっと待ってくださいよ!」ってならなかったんですね。

スポーツの現場は、タレント2年目くらいの時に知人から「喋る仕事しているなら、バスケの場内アナウンスを手伝ってくれない?」と言ってもらったのがスタートでした。しかも、いきなり国際大会でアナウンスです(笑)

ルール等がよくわかっていなかったので、初対面のバスケに詳しいスタッフさんに横に座ってもらって言われた通りに喋るだけ、という感じ。

それからバスケには、専属のチームが休部したり、なくなったりしましたが、女子リーグの大阪開催や代役MC等で毎年関わらせてもらっています。

――奈良クラブはどういうきっかけで?

タレント活動をしているうちに少しずつお仕事をいただけるようになって、JFLの企業チームでスタジアムDJのオファーをいただいて、やらせてもらうようになりました。で、今も担当させてもらっている奈良のケーブルテレビの番組に、当時関西リーグに所属していた奈良クラブが告知のためにゲスト出演することになったんです。

そこでGMの矢部(次郎)さんとお話して「奈良クラブのDJをやらせてください!」とお願いしたのがきっかけです。リーグが違ったので企業チームと奈良クラブとかけもちで。

ユニークな「奈良クラブ」でやっていることは?

――奈良クラブって面白い取り組みをしているクラブですよね。関西リーグの頃に岡山一成選手を獲得したり。話題になったユニフォームはレヴィー・クルピ監督(当時セレッソ大阪)が欲しがったとか。

そうそう。実際にクルピさんのレストランに飾られてますからね。

――サポーターを取り込もう、全国に知らしめてやろうという勢いがありましたよね。DJとしてはどんな活動を?

きっかけとなったケーブルテレビの番組のフリートークでネタとして選んだり、ゲストで来てもらったりですかね。

ちっぽけな存在のタレントではありますが、いただいているお仕事の中で告知できるチャンスがあれば、「奈良クラブというチームでスタジアムDJをやっているんです」と発信するようにしています。特に奈良県内ではスポーツに関係のないジャンルのお仕事でもねじこんでます(笑)

JFL昇格のシーズンは特に「あ〜、あの叫んでいる人?」という反応も多くありました。

――そういう取り組みの中で面白いことに関わったとかありますか?他のクラブではないなとか。

なんだろう。例えば、ヒーローインタビューですかね。ヒーローインタビューって、監督とMVPの2人が呼ばれるイメージがありませんか?でも、奈良クラブはたいてい監督+3〜4人です(笑)

直前に広報スタッフさんからリストを伝えられるので、誰になってもいいように試合をしっかり見ておかないと、インタビュー内容に困ります(笑)

奈良サポはサッカーをよく知っている人が多いので、「ヘタなインタビューはできないな」、「なんだよ、何も分かってないな!」とならないようには気を付けています。かと言って、サッカーに詳しくないお客さんがポカーンとなるような質問もいけないし。せっかくインタビュー人数が多いんだから、「内容に幅をもたせてもよいかな」と。

あとは、サポーターが色々企画したりお手伝いしてくれるチームなので、乗っからせてもらっています。ロック総統率いるホンダロックサポと奈良サポで綱引き対決をバックスタンドでやったり(笑)それを実況して盛り上がるように…ていうのは取り組みになりますかね?(笑)

――アウェイの会場に行ってトラメガ持ってやってらっしゃるの見たんですけど。

あれもサポーターの企画でした(笑)。関西リーグ時代から戦ってきて同時期に昇格した隣県のチームが相手なので、「負けたくないからみんなで応援に行って、勝って派手な宴会をやろう!」となって。「じゃあ、ボクも行きます!」て言ったら、「スタメン紹介やろうよ!」という発案がサポーターからあって…。「なんならゴールも!」と(笑)

得点コールを最大ボリュームでやって、あれは震えましたね。緊張で足も震えてた(笑)。「これは絶対ミスられへんな」と。噛まれへんし間違えられへんし、アウェイの…いや、こっちがアウェイか(笑)。とにもかくにも、対戦相手のサポーターにも聞こえますからね。ただもちろん、主催側のアナウンスの邪魔にならないように配慮はしました。

ちなみに、ツイッターでは『奈良クラブ、スタジアムDJ持ち込みで来た』と書かれていました。モノ扱いです(笑)

――関西リーグからJFLに上がって、DJの立場から大きな違いはありました?

「大きく変えなきゃいけないよね」とチームもサポーターも言っていました。もちろんボクも、「お金を払って観に来てくれるんだから、それ以上のものを持って帰ってほしい」と思っていましたね。

その部分で大きな力になってくれていたのが、オカ(岡山一成)さんやシュナ(シュナイダー潤之介・現ザスパクサツ群馬GKコーチ)さんでした。

オカさんがこれまでのチームでやってきた勝利後の劇場パフォーマンスとか、シュナさんのマイクパフォーマンスとか…ホンマによかったなぁと今でも思います。

――ちょうど良いタイミングでちょうど良い選手が入ってきたという感じですね。

そう、シュナさんなんかは叫びすぎるから、マイクが絶対割れました(笑)。さすがGKは声が通るなと…。

ボクは、身内ウケとか、初めて来たお客さんがついていけない空気にならないように、進行がグダグダにならないようにと気をつけていましたが、杞憂でしたね。巻き込む力と熱量がありましたから。

「音楽でスタジアムの空気を作る」

――長くなりましたが本題へ(笑)。今回の記事のタイトルは「スタジアムDJって必要ですか?」と。それがいないクラブもある中で、DJという存在がなぜ使われるのかということを探っていこうと。ちょっと挑戦的ではありますが。

むしろ、そう思っているサポーターはいると思います。「邪魔なんだ!」とか、「あの声嫌い!」とか、「あの盛り上げ方嫌い!」とか。

100人いて100人に好かれるタレントは絶対いない。もちろん、100に近づける努力はしますけどね、諦めたらゼロになっちゃうので。

――まずは、DJらしく音楽の話をしようかなと。バスケや野球は音楽の使い方が確立されている感はありますが、サッカーはまだうまく固まってないですよね。

固まっていないからこそ、各チームが工夫をこらして考える余地があるのかも。ボクは、試合前やウォーミングアップ、ハーフタイムのBGMは、ビートのはっきりした曲でエモーショナルなものを選ぶようにしています。特にウォーミングアップや選手入場時は、拳を突き出したくなるようなものを。ゴール後や勝利後のSEには「ナナナナナ…」というコーラスがある曲を使って、「奈良」と置き換えて口ずさんでほしいな、という願いを込めています(笑)

選手からは「終了後のクールダウンのときにかかっている曲名を教えてください」と聞かれたり、サポーターさんからは「他のチームが使っている曲をそのチームと同じタイミングで使わないで」と提案してもらったりもしました。

やはり、音楽が持つパワーやメッセージにも助けてもらいながら進めていきたいですね。これからは、奈良出身のアーティストだったり、選手やチームと近しいアーティストの曲を使ってみたいとも思っています。それこそ「自分たちの曲は奈良クラブのスタジアムの雰囲気に合うからかけてくれ!」というオファーがあってもいい!(笑)

――試合中は選手の動きとの関係も出てきますよね。声が消えてしまうとか。そこはどうバランスをとってますか?

それこそ、審判や選手を見てますね。スコアの状況によって喜び方が変わるから、コールのスピードを調整出来たらいいなぁと。貴重な先制点なのか、逆転ゴールなのか。それが大きい意味を持つのかどうか。

勝利に近い状況なら溜めて言ったり、一点を追う場面なら早くしたりとか。そういうところはどこのDJもやってるんじゃないでしょうか。

DJは「蛇口」なんだ

――最近はDJが審判の判定を揶揄したり、相手選手から批判されるなどの問題がありましたね。ただ、むしろアウェイの人の方が多くのお金を使ってやってきてくれているし、地域リーグなら選手もわざわざ来てくれている存在ですよね。藤原さんはどんなスタンスで臨んでいるんですか?

どのDJさん、MCさんもそうだと思いますが、アウェイチームには、対戦相手としてのリスペクトを持った上でミスのないように伝えるアナウンスをしています。喋る時に乗せる感情は至ってフラットなもので。

今季はボクの所属事務所の後輩くんがアウェイのアナウンスを担当していますが、スタメン紹介の前にアウェイチームに対して「ようこそ奈良へ!」と呼びかけるようにはしています。「このあとの試合が素晴らしいものになりますように」と。

こういう進め方も多くのチームがされていますよね。喧嘩をするのではなく、ホームチーム・奈良クラブが迎えた対戦相手。絶対に邪険にはしません。

ただし声のパワーをこちらからは贈ることはありませんが(笑)。

――最近は様々なDJのスタイルがありますが、サポーターの応援との連携はどこまでやるべきだと思いますか?

チームとファン、そのあいだの微妙なラインに立っておくべきだと思います。

チームの人間であろうとすると、クラブのことだけを考えたアナウンスをしてしまう。例えばクールダウンに行く選手を優先するか、声を聞きたいファンを優先するか。インフルエンザの流行時期にファンサービスをするのかどうか。

アナウンスをしていると僕が「止めた人」になる。ファンサービスをやめたら、怒られるのは僕だったりする。

そこの間に立って妥協点を探せるのがDJだと思います。チームの人間でありすぎてもいけないし、ファン過ぎてもいけない。しかもチーム愛がなければ出来ない。どっちに寄ってもいけない。そこが難しいところですね。

――審判批判をしちゃったりしたのは、ファンに寄りすぎてしまった?

まあ、そういうDJがいてもいいと思うんやけども、表現の仕方や言葉選びな気がしますね。そういう気持ちは僕も持ちます。ただ、それも含めてサッカーなので。それを考えた上でアナウンスをしなければいけない。ファンに寄りすぎてもいけないし、チームに寄りすぎても事務的になってしまいますからね。

ディレクターやみんなの思いを背負って、発信しているのが自分。「水道の蛇口」みたいなもの。蛇口次第で水の出方も、味も美味しさも変わってくる。そういう意識で喋らないといけないと思います。どういうフィルターを通すのか、それも個性かな。

――その他に気を付けている点はありますか?

例えば、バスケットは交代が頻繁にあるスポーツです。この選手の起用には意味があって、「それを見てほしい」という思いを込めてその都度コールしています。

サッカーでもその点は同じなのですが、3回しか交代はできない。となると、交代が持つ戦術的な意味合いと期待値は、バスケのそれより断然大きい。だからボクがサッカーのスタジアムDJで最も力をいれているのは交代の場面だったりします。そこを盛り上げて、お客さんが熱く反応してくれて拍手と声援で送り出して、しかもその選手が活躍するとなると本当に嬉しい!

どう紹介するかは単語でしかないわけだけど、「自分たちを代表して戦っている選手はこんな選手なんだ」、「彼らが戦ってくれているんだ」というところは強調したい。「何かを変えてくれ」、「活躍してくれ」という思いを込めて送り出されるわけだから。気持ちを乗せてあげたいなと。

――アナウンスは「期待感」なんですね。

そう。煽りたいですね。

「声には想いが絶対に乗る」

――最後になるんですが、地域リーグからJFLに上がったという経験から「DJがクラブの成長に役立てること」ってなんだと思いますか?大まかに分けるとピッチの中、観客席、そしてその他の地域。その3つに分けて。

深いですね。SNS時代ならではの質問かも。

――SNSもそうですし、地域活動もそうですし。今こそDJでもクラブの成長に役立てる時代になったと思います。

ピッチの中と観客席以外の部分では…できていなくて本当に申し訳ないのですが、ボクがタレントとしてもっと有名になれば、大きな規模の発信ができる!(笑)ただ、そこは狙ってできるものではないので(笑)

現状としては、「発信の中に魅力を足せるかどうか」ですかね。ただ、「観に来てね」と言うだけではなくて。「こういう部分を楽しんでほしい」とか、「この選手のこういうプレーを」とか。

幸運なことに、奈良クラブのスタジアムDJ以外のお仕事もいただけているので、その繋がりの人たちにも伝わるように発信すれば「知ってもらえる機会にはなるかな」と思っています。

――チームのことを好きになれるかどうか。

それもありますね。「こんないい選手がいる」とか、発信することがスタジアム外では求められますからね。スタジアムDJ一本で仕事していることはないから、それ以外の繋がりにどう発信できるかは重要です。

――スタジアムの中に関しては?

「嫌な雰囲気は作らない」ということですかね。お客さんに「もうここに来たくない」と思わせないように、居心地の良さは提供したいです。

人間の耳って不思議なもので、嫌なものが入ってくるとその先をシャットアウトする。あるいは、そこだけ耳に付いてしまう。例えば…授業で先生の口癖を数えたこととかありますよね?その時、本質はもうシャットアウトしてるもんです。

そうさせないための「言葉選び」や「音楽選び」をしています。100人全員に好かれることはないけど、それに近づけるためのアナウンス、声の使い方で。

――ピッチ内に対しては?

僕は交代選手に対して一番力を入れているから、そこに「こんなに期待してるんだよ」という思いを届けるようなアナウンスはするように心掛けています。

選手と食事したときに話したら、「交代の時は監督からの指示を伝えなきゃいけないし、集中もしているので聞こえないです」と言われましたが(笑)。でも、「これだけの想いを込めてるんだよ」というのが伝わるようにしているつもりです。

10数年タレント生活をしてきて思うのは、「声には絶対に想いが乗る」。その感情を届ける役目でありたいなと。

今、声優や俳優を目指す学生が通う専門学校で先生もやらせてもらっています。

喋りの技術を向上させることを教えるわけですが、技術があれば人に伝わるレベルが格段に上がります。また、技術がなくても人の心に届く喋りは確かに存在します。それこそ、赤ちゃんや子どもの泣き声は、泣くことしかできないし、理由があって泣いているから、耳に残るし、伝わるものです。何ていうか、想いを乗せてあげることが技術よりも重要だなと。

チームの代表であり、サポーターの代表であり、みんなが思っているものを届けることが、「スタジアムDJに求められること」なんじゃないでしょうか。

どうでしょう?綺麗に締まったと思うんですが(笑)

「奈良で"しか”できないことを…」

――遠征してくるサポーターにおすすめしたいところは?

毎回、「奈良クラブ祭り」と称して、スタジアム周辺で盛り上がっているイベントですかね。縁日のような雰囲気なんですが、スタジアムグルメが充実しています。美味しいお店がブースを出しているので、「それらを是非食べていってください」というのは入れたいです。

――何かお薦めはあります?

選べないですね…。うちのサポートをしてくれるお店なんですが、スタジアムグルメだけはツイッターとかでも評判が…。いや、だけというのは違いますね(笑)。

――「特に」ですね(笑)

そう!とにかく、すごく評判が良いんです。だから試合前は外に出ていてほしいぐらい(笑)

――アウェイのサポーターにも紹介したいものですよね。

特に「奈良にうまいもんなし」って言われる土地ですから。「美味しいものあんねんで!」と知ってもらう機会にもなります。そういう意味では、全国リーグに上がったこともいいことですね。

――たしかに、食べてもらう機会が増える。

JFLという舞台だから出来るものもありますが、Jリーグも同様でしょう。

――地域としての使い方がもっとあるのかもしれませんよね。

あってもいいと思います。アメリカン・ボールパーク的な考え方で。それこそ駐車場でバーベキューやってるとか(笑)。スタグルとかをひっくるめて楽しんで欲しいです!

――今後DJとして「これをやりたい」ということはあります?

ざっくりとした言い方しかできませんが、「唯一無二の」スタジアムの雰囲気を作れるようになりたい!

「奈良クラブだけ!」なものとか、「奈良クラブにしかできない!」とか。「あれはマネしたいけど奈良でしかできないな」と言ってもらえたら最高です!

でも現実は、ボク自身のアイディアが不足しているし、実力もまだまだで…。で、この「唯一無二の」ていう言葉はあるサポーターさんと話したときに、「今後の全体の共通認識ね!」と言っていたもので。だから、チームも選手もスタッフもサポーターも自治体も…ぜ〜んぶが共にレベルアップしないといけない。もちろんボクも。

「どこかだけが突出してがんばってできるものではないな」と思っています。

――なるほど。

奈良の県民性としては、「内に秘めてるもの」は多いと思います。だけど、それを出しません。

歴史としては日本の始まりの地なのに、京都の方が注目され、「本当はウチやのになー」と思いながら耐えてたり、大阪のベッドタウン扱いを我慢して…我慢してるじゃないかもしれませんが…そういうのをあまり出さなかったりとか。

なので、そういう気持ちを「爆発させたい」という思いは絶対あるはずなので、そこをくすぐりたい。そういう人たちの心に届くようなアナウンスがしたいですね。どうでしょう?これも綺麗に締まったかな?

――はい、締まりました!来週から始まるセカンドステージも楽しみです!

ありがとうございます!7月8日(土)に奈良橿原で待ってます!