3日、日本のゲーム会社が企画した二次元キャラクターとのVR結婚式体験イベントが中国版ツイッターで紹介され、中国のネットユーザーの注目を集めた。資料写真。

写真拡大

2017年7月3日、日本のゲーム会社が企画した二次元キャラクターとのVR結婚式体験イベントが中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で紹介され、中国のネットユーザーの注目を集めた。

紹介されたのは、6月30日に東京で行われたhibiki worksの美少女ゲーム「新妻LOVELY×CATION」の特別企画。実際の結婚式場を使って、VR空間の中でゲームに登場する美少女たちと結婚式を挙げるというものだ。微博では、結婚式場でタキシードとVRヘッドセットを着用した男性が1人で立ち、VR空間内にいる新婦と永遠の誓いを交わす様子を撮影した写真が掲載されるとともに、誓いのキスではマシュマロに口を付け、新婦とのキスの質感まで味わうことができると紹介されている。

このイベントに対して、中国のネットユーザーからは「なんか悲しい」「見ていると、本当に哀れな感じがする。未来の自分かもしれないけど」といったようなコメントが目立った。一方で、「素晴らしいじゃないか。他人がとやかく言うことではない」「いいじゃないか。なぜ多数派と違うと『哀れ』になるんだ?独身主義者や現実の彼女が必要ない人、現実の世界で理想の人に巡り会えない人に夢を与えてくれるんだ。本人たちは喜んでいるかもしれないよ」と理解を示す人もいた。

このほか、「嫁が毎日別の人と結婚していると思うと怖くなりそう」といった声や、「独身男性は一度体験してみるといいかもしれない」といった声、さらには「次は二次元の新郎を出してください。そうしたら真っ先に申し込みます」といった感想まで寄せられるなど、盛り上がっているようだ。(翻訳・編集/川尻)