ラカゼットがアーセナルのメディカルチェックを受診…クラブレコードの移籍金で5年契約へ

写真拡大

▽リヨンのフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼット(26)が、アーセナルのメディカルチェックを受けているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。

▽『スカイ・スポーツ』によると、ラカゼットはアーセナルのトレーニング施設に到着。メディカルチェックを通過すれば、5年契約を結ぶとのことだ。移籍金は最高で5200万ポンド(約76億1000万円)にも昇るとのことで、レアル・マドリーからドイツ代表MFメスト・エジル獲得の際に支払った4220万ポンド(約61億7000万円)がアーセナルにおける移籍金のクラブレコードと言われており、記録を更新することとなりそうだ。

▽ラカゼットは、今夏アトレティコ・マドリーへの移籍で口頭合意に達していたが、補強禁止処分が確定したために破談。アーセナルが2度目のオファーを提示し、クラブ間での合意に達していた。

▽リヨンの下部組織出身のラカゼットは、2010年にトップチームデビュー。以降、同クラブで公式戦275試合に出場し、129ゴールを記録。2014-15シーズンにはリーグ・アン得点王と年間最優秀選手賞をダブル受賞するなど、フランス国内屈指のストライカーとして知られ、昨季はリーグ戦30試合に出場し28ゴールを挙げていた。