4日、HKT48の指原莉乃と、ブラックマヨネーズの小杉竜一、吉田敬がMCを務めるAbemaTV(アベマTV)のトークバラエティ『指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙』(毎週火曜21時〜)が放送され、指原がかねてファンと公言していた女性向けAVのトップエロメン・月野帯人が“3Pの極意”を伝え、指原に衝撃を与えた。

 月野は視聴者の女性から寄せられた「好きな人がいるのに昔の彼との関係をやめられない」という悩み相談に「3Pをしましょう」と提案。同時に抱かれて決着をつけるべきと変態発言を繰り出した。指原に「3Pって、片方は何してるんです?」と質問されると、「共同作業だから片方が何もしてないことはない」と説明。小杉は「この女性のお悩みに対して『3P』っていう回答、聞いたことない」とあきれていた。

 「3Pは、男性2、女性1が基本」と主張する月野だが、共演者から「女性2、男性1の場合はどうなるんですか?」と質問されると、「男性の性感帯は下半身だけじゃない。乳首も感じるから、片方の女性は乳首を舐めていたりする」と回答。すると指原は「乳首担当ヤダ!」と正直すぎるコメント。共演者たちから「役割、すぐローテーションします」「ヘビーローテーションします」と“フォロー”が入ると、「使わないで!そういう歌じゃない!」と孤軍奮闘し、「悩み相談コーナーなのに何も解決してない」とタメ息をついていた。

 エンディングトークに差し掛かると、小杉と吉田は「さっしーの『3Pで乳首担当イヤだ』もなかなかのサイテー発言やったな」と回顧。トップアイドルらしからぬ正直な発言が、指原の人気の秘密かもしれない。

 次回放送は7月11日(火)。次はどんなサイテーエピソードが飛び出すのか、『指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙』に注目だ。

(c)AbemaTV