「A BEST -15th Anniversary Edition」より

写真拡大

 歌手の浜崎あゆみ(38)が3日、自身のツイッターを更新し、自宅写真を無断で撮影したうえでインターネット上で公開されたことに怒りを表明した。

 浜崎は3日に自身のツイッターで、自宅を無断撮影し、勝手にツイッター上で公開したユーザーに対し、「限度があります。先程、通報しました」と法的な手続きに着手したことを報告。「ここには私だけでなく大切な家族が住んでいます。家の外観ならまだしも(勿論それもないに越したことは無いですが)自宅内の様子までわかる写真を撮影し載せるなど絶対に許されない事です」とつづり、該当する投稿を引用ツイートした。

 こうした浜崎の行動に対し、ユーザーからは「これは最低」「犯罪ですね。酷すぎる」など支持する声が集まったが、同時に自宅の写真が載った投稿を引用ツイートしたことで、「あゆがみずから自宅写真を拡散させてる」「拡散しちゃうやら引用しないほうがいいのに」など自身のプライバシーを守るためには逆効果と思われる行動を指摘する声もあった。

「浜崎は2005年に購入した南青山の超高級自宅を売却し、大田区の高級住宅街にある地上3階建ての中古物件を10億円のキャッシュで購入したと言われています。南青山の自宅は、高額な維持費や管理費がネックで売却に至ったようで、現在は母親や愛犬と暮らしている。そうした引っ越し直後のプライバシーが犯されたことに浜崎が怒った格好だが、その一方で、5日放送の『今夜くらべてみました2時間SP』(日本テレビ系)に出演する浜崎は、番組内で新居内にカメラを入れるなどプライバシーの切り売りが目立っている。今回の騒動も浜崎に同情する声がある一方で放送直前というタイミングもあり、一部ではまさかの”番宣”を疑う声もある」(芸能記者)

 浜崎は心配の声を寄せるファンに対し、「警察署、終わりました。きちんと守って下さるので、もう心配しないでね!そしてみんな色んな意見をありがとう。(中略)家族がそこでずっと幸せに暮らせるように、私ももっとしっかりしなきゃだなー」と報告している。浜崎の怒りは収まったようだが、芸能人のプライバシー侵害について一石を投じた騒動といえるだろう。

文・安藤美琴(あんどう・みこと)※1974年東京都出身。大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ガールズジャーナル』(セブン&アイ出版)、『パチンコ攻略の帝王』などに寄稿。現在は女性向け読み物系の記者・編集者として活躍中。