ウォリアーズのステフィン・カリー【写真:Getty Images】

写真拡大

NBA史上初の2億ドル契約のカリー…ライバルのレブロンがツイッター上で持論

 NBAウォリアーズのスター選手、ステフィン・カリーが、史上最高額となる5年総額2億100万ドル(約227億円)で契約更新に合意。年俸総額2億ドル突破はNBA史上初。しかし、今季まで3100万ドル(約35億円)の年俸を手にしていたキャバリアーズの「キング」ことレブロン・ジェームズは、カリーの“適正年俸”は2倍以上の90億円だと驚きの主張を展開した。

 きっかけとなったのは、カリーの超高額年俸について、米地元紙「サンフランシスコ・クロニクル」のコラムニストのアン・キリオン記者がツイッターで独自の考察を示したことだった。

「ステフィン・カリーはどれぐらいの価値を持つのか? レイコブは2010年にウォリアーズを4億5000万ドル(約510億円)で買収した。今では26億ドル(約2940億円)の価値がある」

 ベンチャー・キャピタリストでウォリアーズの筆頭株主、ジョー・レイコブ氏が10年に球団買収した4億5000万ドルの半分に当たる2億100万ドルという総年俸を手にする格好になったカリー。半面、スポーツビジネスの拡大で、7年前の相場と現状の価格はかけ離れ、クラブの資産価値は7年間で5倍以上に膨れ上がっているという。

 キリオン記者のツイートを引用し、NBA選手の持論を展開したのがレブロンだった。ツイッターで以下のように投稿した。

「それでは、サラリーキャップがなぜ存在するのか、1人の選手がいくら収入を手にすべきか、もう一度教えてもらえないか? 答える必要はない。ステフは今年の夏、5年契約で4億ドル(約450億円)を手にするべきだ」

1チーム当たりの年俸上限は119億円…サラリーキャップ制にレブロン不満?

 レブロンはカリーの適正年俸は8000万ドル(約90億円)とし、新たに更改した額の2倍以上の金額こそがふさわしいと考えている。

 NBAなど米国のメジャースポーツは各チームの競争力を均等に保つ試みとして、リーグ全体の収入に応じ、年俸の上限を設定する「サラリーキャップ制」を導入。昨年12月にNBAのオーナー側と選手会が新たな労使協定を結び、来季は1チーム当たりの年俸総額は9909万3000ドル(約119億円)が上限に設定され、これを超える場合はリーグからチームに贅沢税が課されることになる。

 NBAは大手スポーツネットワーク「ESPN」と年間26億6000万ドル(約3000億円)のテレビ放映権を結んだことで、リーグと各チームは入場料など、潤沢な資金を手にすることできる。

 オーナー側はサラリーキャップで選手の年俸を抑えることが可能になる一方、本気でタイトルを狙うには、開幕直前にケビン・デュラントを獲得したウォリアーズのように、スーパースターをかき集める必要がある。サラリーキャップを大きく超過したクラブは莫大な贅沢税の支払いを余儀なくされることになる。

 レブロンは2010年から14年のマイアミ・ヒート時代、悲願のファイナル優勝を果たすために、サラリーキャップを考慮し、ウェイド、ボッシュとともに自ら年俸を削減。カリーもこれまで4年4400万ドル(約50億円)というスーパースターとして“格安”の年俸でプレーしていた経緯もあった。

「サクリファイス(自己犠牲)」を常々口にしていたレブロンだが、カリーの適正年俸は90億円と主張する辺り、現行のサラリーシステムに対する選手の不満は大きそうだ。