違うクラブの練習に参加するマテゥー

写真拡大

FCバルセロナと契約中のジェレミー・マテューのような選手が違うクラブで練習する姿を見ることは驚きに値する。
より驚きなのは、ユース選手のようにトライアルを受けていることである。マテューは未だにバルサの公式な選手であるが、スポルティング・リスボンで練習している。マテューは日曜の午後にリスボンに到着し、月曜日に練習を開始した。

【関連記事:肥満アルダ お腹と将来の行方】

この興味深いシチュエーションは2つのことで説明がつく。
まず、スポルティング・リスボンの監督であるジョルジェ・ジェズスによるユニークな練習メソッドである。ジェズスはマテューを知りたく、移籍金の交渉に移る前に練習の様子を伺いたかった。

2つ目に、スポルティング・リスボンで練習するマテューの写真は、自由契約で退団させるようバルサにプレッシャーを与える。
バルサはこの選手の移籍に150万ユーロ(約2億円)から200万ユーロ(約2億6,000万円)を欲しているが、スポルティング・リスボンは移籍金を支払う気は無い。クラブ間は未だに交渉しているが、リスボンと合意に至ると確信している。