佐藤寿人が電撃辞任の恩師・森保監督に感謝 「サッカー人としてまた一緒に仕事を…」

写真拡大

森保監督退任の報道を受け、自身のブログを更新「残念なニュース」

 J1サンフレッチェ広島は4日、森保一監督の辞任を発表した。

 過去5年で3度のリーグ優勝に導いた名将の電撃退任はサッカー界に衝撃を与えたが、かつての師弟関係にあった佐藤寿人(名古屋)が自身のブログを更新し、「素晴らしい時間をありがとうございました」と感謝の言葉を綴っている。

 広島は第17節の浦和レッズ戦に3-4で敗れてリーグ戦4連敗。2勝4分11敗の17位で前半戦を折り返した。浦和戦後に森保監督、織田秀和社長、足立修強化部長で総括を行ったところ、森保監督から成績不振による辞意の申し出があったという。クラブは慰留をしたが、森保監督の意思は固く、辞任を了承する形でこの日の発表に至った。

 報道を受け、2003年には仙台で選手同士、そして2012年から昨季までの5年間、広島で監督と選手として戦った佐藤が自身のブログを更新。「ポイチさん」というエントリーで、恩師への想いを述べた。佐藤は名古屋の午前練習を終えると、森保監督退任の「残念なニュース」が耳にしたという。

 森保監督は広島の監督に就任した2012年、日本人新人監督としては松木安太郎氏以来2人目となるJ1優勝を達成。同年、佐藤もシーズンMVP、得点王、ベストイレブンとタイトルを総なめにし、喜びを分かち合った。その後も13年にリーグ連覇を果たし、15年には3度目のタイトルを手にした。佐藤は今季からJ2名古屋へと移籍し、別々の道を歩むこととなったが、佐藤は「ポイチさんが監督だったからこそ、3度のリーグ優勝という3つの星をユニフォームに輝かせることが出来たと思います」と広島での5年間を振り返った。

ともに優勝シャーレを手にした写真を掲載

 今の自分があるのは森保監督のおかげ、と言わんばかりにメッセージを続けた。

「仙台時代ではキャプテンとして生意気な自分を大人の選手に育つよう導いてくれました。広島に移籍してからはコーチと選手という関係で色々な話を聞いてくれました。優しくて、気遣いの人で、涙もろくて、チームの事を想い、広島の事を想う、兄貴のようなポイチさん。素晴らしい時間をありがとうございました。サッカー人として、また一緒に仕事が出来るの楽しみにしています」

 佐藤は森保監督、森粼兄弟とともに優勝シャーレを手にする写真を合わせて掲載したが、現在は別チームに所属する身とあって、「グランパスのファン・サポーターの皆さん、今日はこの写真を載せることを理解して頂けたらと思います」と名古屋サポーターへの配慮を見せた。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images