Image: ギズモード・ジャパン
MateBook X


Huawei(ファーウェイ)は本日、2モデルの新型PCを発表しました。1つめは、Huawei初となるクラムシェル型ラップトップPC「MateBook X」。2つめは、ディスプレイとキーボードが分離する2in1PCの「MateBook E」です。

軽量薄型ながらもパワフルな13インチラップトップMateBook Xと、初代MateBookの後継機種にあたるカジュアルなMateBook E。今回行なわれたファーウェイ・ジャパンの製品発表会で触ってきましたので、それぞれの特長をお届けいたします。


本命。初のクラムシェル型PC「MateBook X」


170704_huawei_matebook_e_matebook_x_x1.JPG
Image: ギズモード・ジャパン


Huawei初となる、分離しないラップトップPCのMateBook X。スペックや発表会を見ても、力の入れようがうかがえました。Huawei渾身の1機です。

本体

MateBook Xの最大の特長は、このデザイン。薄い軽い小さいの3つがそろった流行りのスタイルです。


170704_huawei_matebook_e_matebook_x_x2.jpg
Image: ギズモード・ジャパン


ディスプレイサイズは13インチ。本体サイズは一般的な13インチPCよりも小さい幅286×高さ211mm。イメージとしてはA4用紙くらいです。このサイズは細いディスプレイベゼルにより実現しており、ベゼル幅は4.4mmとかなり細い印象です。


170704_huawei_matebook_e_matebook_x_x3.JPG
Image: ギズモード・ジャパン


厚みは12.5mmと、13.1mmのMacBookよりも若干薄く、重量は1.05kgとなっております。


170704_huawei_matebook_e_matebook_x_x4.JPG
Image: ギズモード・ジャパン


そのほかにも、目に留まるのがこの金属ボディ。キーボードのひとつひとつまで金属なので、プロダクトの高級感が高い印象です。オシャレなカフェに似合いそう。


170704_huawei_matebook_e_matebook_x_x5.JPG
Image: ギズモード・ジャパン


またスマホメーカーらしく、電源ボタンに指紋センサーしているのも便利です。


スペック

CPUは、モバイル向けUシリーズのIntel Core i7もしくはi5を搭載。しかも、どちらのCPUでもファンレスです。メモリ8GB、ストレージは512GBとどちらも大容量。

MateBook Xは音にこだわっていると発表会で何度も説明しており、サウンドには「ドルビーアトモス」規格を採用。ドルビーアトモスに対応した作品でないと真の力は発揮できませんが、日常シーンでも良質な音で動画や音楽を楽しめるでしょう。

カラー・価格

カラーは、スペースグレイ、ローズゴールド、プレステージゴールド。価格は14万4800円から、7月7日発売です。


170704_huawei_matebook_e_matebook_x_x6.JPG
Image: ギズモード・ジャパン


1年半ぶりのアップデート「MateBook E」


170704_huawei_matebook_e_matebook_x_e1.JPG
Image: ギズモード・ジャパン


完全新作のMateBook Xの華やかさには勝てないものの、着実にアップデートしてきたMateBook E。こちらは前述の通り、2016年2月発表の初代MateBookの後継機種にあたり、フォーマルでもカジュアルでも使える2in1PCというコンセプトをしっかり受け継いだ1機です。最大の進化はキーボードにあるのですが、まずは本体のことから。

本体


170704_huawei_matebook_e_matebook_x_e2.JPG
Image: ギズモード・ジャパン


サイズ・重量ともに初代から変わらず、ディスプレイサイズは12インチで、幅278.8×高さ194.1mm。厚みは6.9mmで、重量は640g。ちなみにiPad Pro 10.5インチで、厚み6.1mm、469gです。

スペック

サイズを比較するだけあってiPad Proと戦えるスペックです。CPUは第7世代のインテルCore i5プロセッサ。メモリは8GBで、ストレージが256GBです。OSにWindows 10搭載しており、フルOSが動く2in1PCとしては十分なスペックです。

駆動時間は使用スタイルにもよりますが、8~9時間。5ボルトのモバイルバッテリーで充電も可能です。

キーボードカバー


170704_huawei_matebook_e_matebook_x_e3.JPG
Image: ギズモード・ジャパン


MateBook Eのなかでもっとも進化したのがこのキーボードカバー。まずキーボードが別売りではなく「同梱」になりました。


170704_huawei_matebook_e_matebook_x_e4.JPG
Image: ギズモード・ジャパン


前モデルのキーボードはケース部分を三角に折り込んで使うため、PCの角度が2段階しか変更することができませんでした。しかし今機種は、ケースの中央に強力なヒンジ部分を採用。これによって、160度まで無段階で調整できるようになりました。


170704_huawei_matebook_e_matebook_x_e5.JPG
Image: ギズモード・ジャパン


もちろんPCの角度を自由に調整できるようになったのが一番の恩恵なのですが、スタンド回りが前機種よりシンプルになったことも嬉しいですね。

カラー・価格

カラーは、チタニウムグレーとシャンパンゴールドの2つ。価格は9万2800円より、7月7日発売です。


170704_huawei_matebook_e_matebook_x_e6.JPG
Image: ギズモード・ジャパン


Image: ギズモード・ジャパン
Source: HUAWEI

(山本勇磨)