森保監督が電撃辞任の広島に痛手! 主力ミキッチが全治4週間の長期離脱

写真拡大

17節の浦和戦で負傷、「右ハムストリング筋損傷」の診断

 J1サンフレッチェ広島は4日、MFミキッチが右ハムストリングス筋損傷で全治4週間の診断を受けたと発表した。

 ミキッチは7月1日に行われたリーグ戦第17節の浦和戦で負傷。前半37分にMF清水航平と交代していたが、4日に広島県内の病院で検査を受けた結果、右ハムストリングス筋損と診断されたという。

 現在降格圏の17位に低迷する広島は、同日に森保一監督の辞任を発表し、チームに激震が走ったばかり。レギュラーであるミキッチの長期離脱は、苦境に立つチームにとって大きな痛手となりそうだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images