モデルでタレントのローラが7月3日、自身初となる「英語本」の発売についてファンに向けて報告。その際に、苦手としていた英語を習得したことで広がった自身の可能性についても言及し、大きな話題となっている。

 これは同日、ローラが自身の公式twitterに投稿したもので、この中で彼女は、「はじめての英語本をだしたよ!!Amazonで予約はじまったよ〜!! 英語を話せるようになると本当にすっごく世界が広がって人と話すことがもっと楽しいことを覚えたの!!」と、自身初となる英語本『SPEAK ENGLISH WITH ME!』(KADOKAWA)をリリースしたことを発表。

 「2年半くらいまでまったく話せなかったんだけど、毎日お仕事おわりに3、4時間勉強したの。そしたら海外の人と話すのがすごくたのしくって 楽しいって思ったらなんでもできる!!っておもって今回時間をかけて本にしたんだ」と、意外なことに2年半前まではまったく英会話ができなかったという自身の体験を踏まえつつ、英語の楽しさやその修得によって広がる可能性について語り、ファンの注目を集めることとなった。

 こうしたローラの報告について、ネット上のファンからは「僕は英語が苦手なんで本当すごいと思います!がんばってる人はかっこいいですね!」「ローラさんの姿を見ていると、私も夢を叶えるためにもっと努力しようと思えます!」「毎日頑張ってたんだね!凄いよ(拍手)」「あたしもがんばる!!TOEICあがるかな?」といった彼女の姿勢を称賛しつつ、自分も励まされたという声が。現在では日本のみならず、文字通り、世界を股にかけて活躍中のローラ。そんな彼女の努力を垣間見れる内容であると推測されるだけに、英語が苦手な人にとっては、実に気になる1冊となりそうだ。