マリア、自らの病を告白し「母は脳にがん、すでにステージ4という状態」

写真拡大

女優、ジャーナリスト、プロレスラーなどいくつもの顔を持つ人気タレントのマリア・メノウノス(39)が、脳に腫瘍ができ手術を受けたこと、また母親は脳のがんで闘病しており「すでにステージ4」と公表した。

マリア・メノウノスがこのほど「良性の髄膜腫が見つかり手術を受けた」として、米『PEOPLE』にこう語った。

「今年の2月に、耳の感染症を疑い病院に行ったの。するとこう言われた。『耳の中は、僕がこれまで診た中で一番キレイな状態ですよ。他に何か問題は?』って。」
「実はセットで頭がふらふらすることがあって、頭痛もしたの。時には言葉が不明瞭になることもね。テレプロンプター(文章などを表示する機械)の文字を読むのに苦労することもあったわ。」
「だからお医者さんにこう言ったの。『クレイジーだと思われてしまうかも。でも母のように、私にも脳腫瘍ができているんだと思います』って。」

そこでMRI検査を勧められたものの、調子は良くなり先延ばしに。その後4月に検査を受けたところゴルフボールほどの髄膜腫(良性の脳腫瘍)ができていると判明し、手術を受けたそうだ。その結果99.9パーセントは除去できたという。

ちなみにマリアの母は脳にがんがあり、すでにステージ4まで進行しているとのこと。そのため母の介護も手伝っているマリアだが、今は婚約者との子作りを考えていることを明かした。

「腫瘍が見つかった時、妊娠していなくて良かった。妊娠中だと、腫瘍が大きくなるスピードが速くなるの。」

病気を経験し人生観が変わったというマリアは、体外受精による妊娠を計画しているのだそう。そして今は命があることに感謝し、人生の本当の目的を見つけたいと心の底から思っているという。また体調は良いもようで、インスタグラムにこう綴っている。

「私は大丈夫! 皆さんにそれを知っていただきたいの。ちゃんと回復しているし、間もなく新品同様になるはずよ! もう治療も必要ないわ。ただ母は違う。どうか母のために祈ってください。」
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)