【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)は4日午後、北朝鮮がこの日午前に大陸間弾道ミサイル(ICBM)とみられる弾道ミサイルを発射したことと関連し、制裁と圧力を継続しながら対話をしていくとの基調に変わりはないとの立場を示した。
 青瓦台高官は「北がICBMと主張しているが、分析が必要。挑発を続けば、制裁は強まる」と述べた。また、北朝鮮に対話の意思があるかどうかは分からないが、周辺国の圧力と制裁が強まれば、北朝鮮としても出口が必要となり、対話が効力を発揮できるだろうと話した。
 北朝鮮がミサイルを発射した意図については、「さまざまな目的があるとみられる。米独立記念日を狙った可能性もあれば、韓米首脳会談に対する反応かもしれない。いずれにせよミサイル開発を続けるとみられる」との見方を示した。
csi@yna.co.kr