北朝鮮の対韓国宣伝団体である祖国統一民主主義戦線(祖国戦線)中央委員会は4日、7・4共同声明の発表45周年に際して声明を発表した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

7・4共同声明とは、1972年7月4日に北朝鮮と韓国が同時に発表した朝鮮半島の南北対話に関する宣言文章である。当時の北朝鮮の指導者は金日成主席、韓国は朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領だった。

声明は、「金日成主席の愛国・愛族の決断と賢明な指導によって、1972年に分裂史上初めて北南高位級政治会談が開かれ、自主、平和統一、民族大団結の祖国統一の3大原則が内外に厳かに闡明された」と主張した。

一方、「この歴史の教訓を忘却し、キャンドル民心が手渡した権力を意のままに濫用して親米屈従の行跡から刻んでいる南朝鮮の現当局者は、自身も例外にならないということを知るべきである」と強調した。名指しはさけているが、韓国の文在寅大統領に対する非難と思われる。

また、「民族の将来を心配し、統一祖国の新しい未来を祈願するなら、誰もが最悪の破局と緊張に瀕した北南関係の現実を袖手傍観してはならず、祖国統一の3大原則を不変の旗印に掲げていっそう果敢に立ち上がらなければならない」と主張した。

そのうえで、次のような立場を明らかにした。

1.民族自主の旗印を高く掲げて祖国の統一を一日も早く成し遂げようとする全民族の志向と要求に逆行する親米屈従勢力を聖なる祖国の領土でこれ以上生きて呼吸できないように完全に一掃しなければならない。

2.平和的統一の根本原則に挑戦して無謀な軍事的妄動で朝鮮半島に緊張激化と核戦争の危機をもたらす内外好戦狂らの策動に断固たる鉄槌を下さなければならない。

3.民族大団結の民族挙げての流れを阻む対決と敵対の悪弊を断固と一掃し、全同胞の団結した力で統一の活路を開いていかなければならない。

さらに、「親米・事大と同族対決の古びた枠から脱せず、反逆と売国の道へ行こうとする者とはいささかの妥協も、容赦もあり得ないであろう」と主張した。