@AUTOCAR

写真拡大 (全4枚)

あだ名は「プレデター」 400ps超えか

メルセデス・ベンツのインサイダーが「プレデター」と呼んでいる、次期型のメルセデス-AMG A45。すくなくとも400psを超えるはずだ。

ちなみに現行型は、381psで、0-100km/hタイムは4.2秒。アウディRS3やBMW M2(CSの計画もあるらしい)の存在を考えると、出力アップはごく自然なことだろう。

2.0ℓターボの下支えとなるのは、48Vの電気システム。ターボチャージャーも電子制御されるほか、ハイブリッドとしての役割も果たす。

インサイダーいわく、0-100km/hタイムは4.0秒を切る可能性は十分にあり、最大トルクもおよそ51.0kg-mを生みだすとののことだ。

「A32」あるいは「A36」が脇を固める?

A45につづく「マイルドホットハッチ」の存在もありうる。インサイダーは、「A32」あるいは「A36」になると読んでいる。

エンジンはM260型をチューンしたもので、最高出力は300ps超えほどになるだろう。

トビアス・メアースCEOはかつてAUTOCARに「A45 4Maticのひとつ下のポジションをマーケットが必要としています」と語っている。

ようするに、AMGの「63」と「43」の関係とおなじ。45ほどハードでなくてもよいが、スポーティであることを求める層も確保する。

ボディは大型化 室内拡大に貢献

ボディは、現行型と比べると10mm長くなるはずだ。

あたらしいフロアパンとボディストラクチャーを採用することで全長(つまり室内スペース)を大きくするいっぽう、剛性も高める。

アンダーピニングは、MFA(モジュラー・フロント・アーキテクチャー)を再開発したものを使用。前はマクファーソンストラット、リアはマルチリンク式のサスペンションとなるだろう。

前後幅も大きくなり、ホイールは18インチが標準、19インチがオプション。バネ下重量も軽くする工夫がなされている。

アグレッシブな外観は「マーケットから、そういった要望が出ています」と、インサイダーは述べる。

Aクラス 標準グレード/PHEVの情報も

ラインナップの先陣を切るのは、あたらしいM282型エンジンとなる。1.4ℓユニットにつづき、年数がたてば1.2ℓも加わるかもしれない。

そのひとつ上のユニットとして、M260型ガソリンエンジンが組みこまれる。排気量は1.6ℓと2.0ℓ。いずれもチューニングによってパワーが差別化される。

なかでももっともパワフルなものには、ベルト駆動のジェネレーター(マイルドハイブリッドのタネ)や電気によるアシストを受けるブースター、48Vのシステムを採用するはずだ。

ジンデルフィンゲンに位置するR&Dセンターから得た情報によると、ディーゼルはメルセデス最新の2.0ℓ4気筒(OM654)を使うことになる。

1.4ℓ4気筒(M282)とモーターを組み合わせるプラグインハイブリッドも計画にあるようだ。モーターは、新式の9速DCTの前に組みこまれる。ちょうどゴルフGTEのような立ち回りになるのだろう。