画像提供:マイナビニュース

写真拡大

声優・アーティストの内田彩のライブイベント「AYA UCHIDA Early Summer Party」が6月25日、東京・新木場STUDIO COASTにて開催された。今回は2017年のアーティスト活動の皮切りと位置付けた本イベント夜の部についてレポートする。

ライブがスタートすると一気にピンクの光が会場を彩る。そして、幕が開くと同時に丸いお立ち台に立つ内田が「Floating Heart」で美しい歌声を響かせた。声帯の術後、初めて12曲を歌い、しかも昼夜で違うセットリストで構成された本格的なライブであったため、緊張もしていたであろう。しかし、不安・恐れ・緊張を感じさせない、堂々としたパフォーマンスで内田は一曲を歌い切る。その姿には、終始鳥肌が立ちっぱなしだっただけでなく、手術後のブログで声が出ないことに関して「声は声優の命なのにそれはもう死んだようなもの」と語るほどに「声」への想いが強い彼女らしさをひしひしと感じた。

その勢いを止まることなく続いての曲「Party Hour Surprise!」へ。アップテンポでライブを盛り上げるのにピッタリの本曲に会場のボルテージもヒートアップする。

ここで一度MCを挟み、駆け付けたファンへ挨拶。「Everlasting parade」と題した夜の部は、昼とは違う景色が見られるステージとなることが発表され、その流れのまま3曲目の「Merry Go」がスタート。そして、「みんな好きな色をキラキラさせてね」と言うと、観客の方々が各々好みの色のペンライトを点滅させる。その光景は、夜のライブに相応しい燦然と輝く星々のようで、美しいという言葉がピッタリの光景が広がった。続く4曲目「リードを外して」では、観客席から見て左半分が青、右半分が赤のペンライトを振る。内田自身が後半のMCでも語っていたように、ペンライトの動きも意識したライブ構成全体が、会場を鮮やかに彩った。

5曲目の「笑わないで」と6曲目「ピンクマゼンダ」は、初めての挑戦だという、ピアノ伴奏に合わせたアコースティックバージョンで披露。情緒あふれるピアノのメロディーに乗せた高音部分も、無理ない声量たっぷりの歌声が会場に響いた。また、「ピンクマゼンダ」では、ピンクの月明りが内田を照らし、ラストのサビ部分では暗かった会場全体もピンクに包まれる。音楽に併せて会場を彩る演出も相まって、曲が終わると同時に惜しみない拍手が内田に送られた。「ピンクマゼンタ」後のMCでは、「いつかはアコースティックライブもできたら」という新たな夢を語る内田。その言葉から、今後のアーティスト活動にも精力的に行っていく、という強い意志が感じられた。

ライブも中盤に差し掛かり、「Day Dream」、「Like a Bird」、「Ruby eclipse」を立て続けに披露。3拍子でゆったりとした幻想的な曲とシリアスなロック、そして情熱的で力強いロックという、3つのナンバーを会場に響かせた。この後のMCで、息が詰まりそうになりながらも毎回、毎回ライブで皆さんから色々な顔を見せてもらえて嬉しいと、懸命に伝える内田。そんな想いを乗せた一曲として選ばれた10曲目は「with you」であった。「今日来てくれたみんなへ」という一言で始まった本曲。武道館ライブでも「みんなへ」の気持ちを込めて歌った「with you」を情感たっぷりに歌い上げた。

ライブもラストスパート。11曲目に選ばれたのはライブ初披露となる「Everlasting Parade」だ。ポップでキュートな”可愛い”EDMチューンの本曲。自身でもなぜしたのかよく分からなかったというジャンプをするなど、とにかく楽しそうに歌い上げる彼女の姿を見て、会場も笑顔に包まれた。

「Everlasting Parade」後のMCでは、今後のアーティスト活動ついての発表が行われる。2017年9月13日にニューアルバム『ICECREAM GIRL(仮)』を発売することが決定し、さらに2017年10月14日には、幕張メッセイベントホールにてワンマンライブを実施することも発表された。すでにアルバムの収録は始まっており、今回も「ICECREAM」のフレーバーのように様々な楽曲が揃い、中には今までに魅せていない新たな一面が見られる曲も収録されるとのこと。

続けざまに内田は、今回のライブが実は自身の願いで昼夜に分かれた本格的なライブイベントになったというエピソードを語る。武道館ライブ、そして声帯の手術を経てのアーティスト活動の始動をちゃんとした形で皆さんにお伝えしたかった、と語る内田からは応援してくれるファンを本当に大切にしているということが十二分に伝わってきた。そして、MCの後には、本ライブを締めくくる楽曲「Sweet Dreamer」を丁寧に歌い上げる。最後まで熱気冷めることなく、ライブの幕は閉じた。

2017年のアーティストとしての活動を始動させた内田。「声」へかける想いが強い彼女が次のアルバムやライブではどんな仕掛けで楽しませてくれるのか。はにかむ笑顔の中に確かな情熱を持つ声優・アーティストの内田彩が新たな景色で「笑顔」を作り出す未来はそう遠くない。

○アルバム『ICECREAM GIRL(仮)』

発売日:2017年9月13日

初回盤A:5,500円、初回盤B:4,000円、通常盤:3,000円(※すべて税抜)

2017年10月14日開催の幕張メッセワンマンライブチケット先行申し込みシリアル封入