DJI、拡大したカメラケージと延長可能な50mmのアームを搭載した「Ronin 2」の先行予約を開始

写真拡大

DJIは、大型カメラの搭載が可能なスタビライザー「Ronin 2」の先行予約を本日よりDJI正規代理店で開始した。以前、2017年の第2四半期(6月頃)発売予定、価格未定としていたもの。製品の出荷は開始は9月中を予定している。スタビライザーと運搬用ケース、送信機、カメラ用電源ケーブル、冗長バッテリーシステムを同梱したRonin 2 Professional Comboの希望小売価格は税込898,000円。

DJI Ronin 2で撮影された短編映画「Legacy」メイキング映像

Ronin 2は、DJIのジンバル技術を基に、大型カメラを搭載できるパワーを備え、様々なマウントを取り付け可能。拡大したカメラケージと延長可能な50mmのアームが搭載され、一眼レフカメラから映画撮影用のカメラやレンズに対応。ジンバルモーターは、最大13.6kgまでのペイロードに耐えられる。内蔵GPSとエンコーダ付きモーターで、1ピクセル単位より精密な0.02度の正確さを維持し、時速120kmを超えるスピードにも対応する。